新潟生活の日記です。


by 新潟生活

三角だるまのもなか

水原(阿賀野市)にある老舗の和菓子屋さんには、大好きな三角だるまがモデルとなった和菓子があります。

こんなに△。
c0178183_755465.jpg


後姿だってこんなに△。
c0178183_853052.jpg

和菓子となった三角だるまの正体は紫蘇あん入りのもなかです。
紫蘇あんは、ほんのり紫蘇の香る白あんという感じで全く違和感のないおいしさ。
皮にまで愛嬌のある表情がくっきりの見た目も味も満足の三角だるまもなかです。
c0178183_833325.jpg

[PR]
# by yukkiki88 | 2008-11-26 17:59 | 新潟のお菓子 | Comments(0)

まかない

アシスタントをしていた頃のまかない。
いちばん思い出に残っているのがおにぎり
おにぎりは作り手によって大きさ形いろいろでどれもおいしかった!。
c0178183_10175281.jpg

[PR]
# by yukkiki88 | 2008-11-18 10:26 | 日々のこと | Comments(0)

越後一宮 彌彦神社

越後一宮、彌彦神社
お彌彦さんと呼ばれ愛される越後一宮、彌彦神社
多くのひとが桜の頃、紅葉の頃、菊の頃、初詣…折に触れ足を運びます。


雪の時期に木が朽ちないように支柱が地面から浮いている鳥居
c0178183_735449.jpg


お彌彦さんは地元ではもちろん全国各地の方々から本当に愛されていて、
1年を通して参詣者でそれはそれはにぎわっています。
立派な鳥居をくぐると石造りの参道、大きな杉の木が両手にそびえていて、
真夏でもきりりとした空気感があり大好きな神社です。

[PR]
# by yukkiki88 | 2008-11-05 11:53 | 好きな場所 | Comments(0)
ワダコメの「手造りかりんと」(「かりんとう」ではなく「かりんと」)。
パッケージの「かたいです」というキャッチコピーは本当です。
c0178183_8115735.jpg

こちらは新潟のお菓子ではありませんが、「くつわ」という愛知県のお菓子。
弘法大師が津島神社に悪病退散の祈願をこめて作られたという揚げ菓子ですが、
このかたさ、そしてこの鮮やかな黄色い箱にも意味があるのかもしれませんね。
c0178183_8444081.jpg

そしてこちらは九州のスピナ「堅パン」
「鉄のように堅く、噛めば噛むほど味があります。」
と記されているとおり本当に堅いので忙しい朝と歯の弱い方には要注意ですが、
「なお、コーヒー、紅茶、牛乳等に浸すとやわらかく召し上がることができます。」
と記されているようにビスコッティのようにもたべられるのでちょっと安心ですね。
c0178183_84557100.jpg

堅パンのキャッチコピーは「健康はアゴから」。
そしてスピナの語源はホーレン草。
へ〜ですね。
[PR]
# by yukkiki88 | 2008-10-26 09:10 | 新潟のお菓子 | Comments(0)

塩せんべい

さかなの形の岩塚製菓の「塩せんべい」は、ほんのり塩味ふわり。
原材料は国産米と塩という潔く貴重な稀少な商品です。
赤ちゃんのおやつせんべいにおすすめです。
c0178183_9112736.jpg

[PR]
# by yukkiki88 | 2008-10-19 09:24 | 柿の種・米菓 | Comments(4)