新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2015年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

栗の渋皮染め

渋皮煮用の栗を茹でた煮汁の色がなんともいい色でいい色で、
シミの浮いた白いTシャツを じゃぶん!

意外や意外うっすらシックな桃色に染まりました。
c0178183_18583285.jpg

色止めをしていないので、きっとすぐに落ちていってしまうと思いますが、
実験をしているみたいでちょっと楽しかったです。
[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-29 19:00 | 日々のこと | Comments(4)

渋皮が剥がれた栗で

鬼皮を剥く時に渋皮に傷つけてしまった栗が数粒。
火加減が強すぎて渋皮が割れてしまった栗が数粒。
それらは無理やり渋皮煮にしても剥がれてしまうだけなので
今回は渋皮入りのマロンペーストに。

パンにはもちろんですが、今夜は白玉団子にかけてデザートに☆
c0178183_17392962.jpg


渋皮は渋が抜けきっていなかったら剥いてしまいますが、
抜けていたらそのまま、んんん・・・と迷ったら半々でも?
仕上げにバターを少し足すのですが、バニラを香らせてもいいですね。
[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-28 19:12 | 日々のこと | Comments(0)

栗の渋皮煮

今年も作る気満々だった黄金色のシロップ漬け。
ところが立派な利平栗との出会いから急遽 渋皮煮に。
随分久しぶりだったのでロスも幾つか出てしまいましたが、
それでもなんとかクリアな栗皮色の渋皮煮が出来ているようです。

最後に少々の粗塩を振りブランデーを落として、味見。。。

c0178183_1564542.jpg

この渋皮煮はシロップに漬けておけば冷蔵庫で1ヶ月ほど持ちます。
栗のお菓子はあまり日持ちがよくないのが悩みですが、これなら安心。
手間暇はかかりますが、やっぱりいいものですね。
[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-28 15:05 | 日々のこと | Comments(2)

利平栗

シロップ漬けを作ろうと栗を買いに行くと、
小さな芝栗から立派な利平栗、それに新品種のぽろたんまで勢揃い。
その黒光りの美しさにすっかり目的を忘れ、買ってきたのはなんと利平栗ばかり。愕然
そう煮崩れやすい利平栗はシロップ漬けには向かないのでした・・・。

それならば渋皮煮!慎重に慎重に鬼皮剥きです!
c0178183_7355029.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-28 07:38 | 日々のこと | Comments(2)

乾燥湯葉

乾燥湯葉はそのままお味噌汁の中に入れたり、
冷えた日には濃いめに味付けした出汁の中に入れて片栗粉であんかけに。
とくにこれからの季節に活躍の乾物のひとつです。

c0178183_17422132.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-25 17:43 | 日々のこと | Comments(2)

名古屋16話

そのタイトルに目が留まった「名古屋16話」という短編集。
普段あまり読まないジャンルの本と思いつつも読み進めると、

c0178183_15481044.jpg


天白区といえばそうそう平針運転免許試験場。
瑞穂区の名物たこ焼きは醤油味のたこ焼きでしたね。
南区のレインボーホールが名称変更していたなんて!
内容よりも記憶の名古屋を思い出したり今の名古屋を思い描いたり。
名古屋の16区をそれぞれしみじみ思い出しました。
次は東京23区話を見てみようかな。
[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-25 15:48 | 日々のこと | Comments(0)

えごようかんとは?

えごのメーカーである猪貝さんが主催するえごの会
えごは材料のえご草の産地や作り方によって随分と出来が違うこと、
その魅力の理解や文化の継承などを目的にした会です。
試食をした手作りえごの中にえごようかんという一品!

c0178183_9311120.jpg


一言で言うと寒天の代わりにエゴ草を使って作った水羊羹です。
甘いえごは初体験だったのにもかかわらず普通においしいと感じました。
甘みもやさしくて水羊羹よりもちもちとしていてどちらかというとういろう、
それも名古屋ではなく山口のういろうを思い出すような食感でした。

※えごようかんは猪貝で商品となっていて予約購入が可能
[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-17 09:37 | 新潟の食材メモ | Comments(4)

えごの会

お声掛けをいただいてえごの会に初参加してきました。
えご草という海藻を煮溶かして型に入れ、冷やし固めたえご
新潟ではひとくち大に切って酢味噌でいただくことが多いと思いますが、
刺身のツマのひとつとして小さく添えられていることもあります。
天草で作る ところてん に比べると もちもちと粘るような食感があって、
独特な海藻の香りもするので好みの分かれるところかもしれません。
それでも太陽をいっぱい浴びた海藻から作られるミネラルたっぷりのえご、
我が家および関西の兄一家もみんな大好きです。

えごのイラストに癒されながらいろいろ教えていただきました。
c0178183_11502665.jpg


こちらが太陽の恵みをいっぱう受けたえご草。
7月頃から日本海側の主に新潟、石川、青森で収穫されるそうです。
c0178183_1151054.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-16 14:34 | 日々のこと | Comments(0)

扇風機の収納カバー

もう必要ないとだろう思い、休日の朝から扇風機を一気に掃除して、
これが100円なのか?と、100円ショップで買った扇風機収納カバーに感動しつつ収納。
するとこんな日に限って暑くなるんだから・・・とほ

もう一度出そうか我慢しようかと葛藤中。
c0178183_17531591.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-12 17:55 | 日々のこと | Comments(2)

ヤマボウシの実

「可愛いでしょう、秋のサクランボ よ。」
と 母が嬉しそうに手にしていたのは庭に落ちたヤマボウシの実
うちのヤマボウシの木も今年から実をつけるようになったみたいです。
まだ数粒しか成っていませんが、いつか果実酒やジャムにできるかな。

c0178183_1741913.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2015-09-11 17:41 | 日々のこと | Comments(4)