新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2014年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

焼酎で渋抜きしたさわし柿の難点は一気にやわらかくなってしまうこと。
ところが脱渋剤を使うとやわらかくなりにくいと聞き、早速挑戦してみることに。
渋柿用の固形脱渋剤(エチルアルコール)は薬局やホームセンターに並んでいて、
ロウソクのような半透明のスティックが4本入りで1パックになっています。
使い方はポリ袋に渋柿と脱渋剤(柿5kgに1本)を入れて密閉しておくだけ。
焼酎と同じくらいの期間(一週間ほど)で渋が抜けるそうです。
c0178183_940157.jpg

確かに若干やわらかくなりにくいような気がしました。
作業もスムーズなので、時々焼酎と併用しながら使ってみようかな。
[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-23 09:41 | 新潟の食材メモ | Comments(0)

スイートポテト

母が久しぶりにスイートポテトを作ってくれました。
生クリームも使ってないのに濃厚なのは、牛乳でマッシュポテトにしているからかな?と。

小さなラグビーボール型でシナモンがほんのり香る懐かしいスイートポテトです。
c0178183_7293525.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-15 07:30 | 日々のこと | Comments(4)

シフォンケーキのタルト

ドイツのObsttorteというフルーツタルトの生地は一般的なタルト生地ではなく、
専用の型で焼かれたスポンジ生地やパウンド生地です。
Obsttorteの型で焼き上げた生地はひっくり返しすと中央が凹んだ形になっていて、
その凹んだ部分にカスタードなどを広げて上に果物などを飾って仕上げるのが一般的。
でもシンプルにクリームだけで仕上げたりシンプルなタルトにしても素敵なものです。

先日作ったのはシフォン生地にゆるく泡立てたクリームのふわふわなタルト。
c0178183_9291242.jpg

c0178183_9292718.jpg

デコレーションもせず、ただ生地の凹んだ部分にクリームをのせただけですが、
卵色の生地にふんわりクリームがのった1ピースもかわいいものだなぁと思いました。
[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-14 10:30 | 日々のこと | Comments(4)
迷ったときの新潟土産、柿の種。
サイズもパッケージも色々ありますが、お土産によく買うのが浪花屋製菓のピー入り柿の種。箱の中には国産ピーナッツ入りの柿の種の小袋が10パック入っています。これは駅の売店やお土産物屋においてあることが多く、スーパーにはあまりおいていない商品です。

c0178183_9541813.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-10 09:59 | 柿の種・米菓 | Comments(6)

湯たんぽ

冷える朝夕、寒さ対策を考え始めた週末でした。
寒がりの冷え症の越冬の日々に欠かせないものといえば湯たんぽ。
昨年ひとつ寿命がきてしまったので日中使い用にもうひとつ新調しました。
ドイツ定番のfashy社の湯たんぽは冷蔵庫で冷やすと水枕にもなり、
水を抜いた状態ではこんなにぺしゃんこになるので携帯も収納もらくらく。

c0178183_17544863.jpg



また、就寝時に愛用しているのは当たりがやさしいベビー用の湯たんぽ。
寝る少し前に足元に入れておいておくと心地良く眠れます。
[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-06 07:39 | 日々のこと | Comments(0)

秋の保存食

秋刀魚やシメジ、このところ母が秋の食材で何やらあれこれことこと。
どうやら「おかずのクッキング」の特集 作り置き便利レシピ に感化されたようです。
特集には土井善晴さんらしい艶やかな佃煮や当座煮などごはんが進む常備菜がいっぱい。

こんな新米の季節に表紙の写真のような折詰を頂いたらもう感激です。

c0178183_16371698.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2014-10-03 16:40 | 日々のこと | Comments(0)