新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2013年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

手作りキムチの素

冬に欠かせない母の白菜漬け。
冷たくさっぱりした漬物は年末年始にも大人気。
さらに母の作るキムチの素と和えれば自家製キムチに早変わりです。

ニンニクが強く香るので袋を重ねて雪の中で眠るキムチの素
c0178183_17221919.jpg

以前は白菜キムチ漬けも作っていた母ですが、
一気に食べ頃になり、食べ頃を逃すとすぐ酸味が強くなってしまうので、
最近はキムチ漬けの素を使って食べるときにキムチにするのが定番です。

今でこそ母オリジナルとなっているキムチの素ですが、
荻野恭子さんの著書「ポリ袋漬けのすすめ」を参考に作り始めたものです。
白菜キムチやカクテキ(大根キムチ)の漬物にしなくても、鍋物や納豆に和えたり、
そのまま食べても美味しいのでとても重宝しています。
[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-30 10:06 | 日々のこと | Comments(0)

たつくり(ごまめ)

祝い肴のひとつ「たつくり」、別名「ごまめ」
漢字で書くと「たつくり」は「田作り」、「ごまめ」は「五万米(ごまんめ)」、
どちらも田んぼの豊作の願いが込められた名前なのですね。

このお正月の「たつくり」は「煮干し」とは違います。
原料(カタクチイワシの稚魚)は同じですが、その名の通り煮てから干した「煮干し」は白い目、
一方そのまま素干しにした「たつくり」は黒々とした目をしています。

お正月には、小さくとも黒々とした目、小さくとも尾頭付の「たつくり」

c0178183_16194375.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-29 16:20 | 日々のこと | Comments(0)

切り餅の保存

クリスマスソングをBGMにぺったんぺったんしたのでしょうか。
年々、叔母のお正月用の杵つき餅が届くのが早まっている気がします。

家庭で搗いた餅は、市販のように個別真空パックと違って、
冷蔵庫より寒い屋外で保管してもすぐにカビてしまいます。
そこで我が家では近いうちに食べる分を除いて、
その他のものは搗きたてのできるだけ早いうちに冷凍します。
なぜなら一度かたくなってから冷凍しても再びやわらかくなりませんが、
やわらかいうちに冷凍したものはそのやわらかさにまで戻るからです。

冷凍する時は小分けにラップしてからジップロックに入れます。
今回はサンタクロースからもらったこのラップを使ってみました。
c0178183_14214130.jpg

これを2枚で挟み手で空気を抜いていくと真空まではいきませんが、
空気を抜きつつぴったり包む込むことができます。
ついでに冷凍しない餅もこれで挟んでおきました。
[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-26 14:24 | 日々のこと | Comments(0)

クランペット

イギリスのイーストパンケーキ、クランペットを焼きました。
クランペットは、卵やベーキングパウダーを使わずイーストで膨らませるので、食べた感じはケーキというよりむしろパンにずっと近いものです。
何よりオーブンではなくパンケーキのようにフライパンで外側はカリッと中はイースト生地独特のもっちり食感に仕上がるのが魅力です。セルクルを使うとそれらしく焼きあがりますが、無しでラフに焼き上げてもそれはそれで魅力的です。

c0178183_712409.jpg

c0178183_7125466.jpg


朝食にバターでパンのようにたべても。
ブランチにジャムやクリームを添えてパンケーキ風にたべても。
おやつにあんこをはさんでたべても。


【クランペットの作り方】
材料 6個分
小麦粉    200g 
インスタントドライイースト 4g
砂糖 大さじ1(好みで加減)
塩           小さじ1弱
牛乳         300cc(ひと肌にあたためる)
※小麦粉は薄力粉100%でもいいですが、半量を強力粉にするともちもちさが増す
※一晩冷蔵庫で寝かせる場合はイーストを半量にしても


作り方
1.牛乳以外の材料をボウルに合わせ混ぜ、牛乳を少しずつ注いで生地を作る。
2.あたたかいところで30~40分置く。
3.フライパンでホットケーキを焼くように焼く。
 セルクルを使うときは型にしっかりオイルを塗り、型の8分目まで生地を流す

[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-24 07:18 | うちのパン | Comments(2)

カッティングボード

ほぼ毎日のように使っているオリジナルのカッティングボード。
パンや果物を切ったり、チーズなどのオードブルを盛合わせプレートとして、
キッチンだけでなくダイニングテーブルでも活躍してくれます。

ヤマザクラ、クルミなど木の種類によってこんなに雰囲気が違います。
c0178183_5493230.jpg


ヒヤシンス
[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-23 05:50 | 日々のこと | Comments(0)

みざん

関西に暮らす兄から届いた「みざん」
「みざん」は山椒の実の佃煮で、ごはんに混ぜたりおにぎりにしたりおじゃこと炊いたり、
そのままでも料理にも手軽に山椒のピリリとした味をたのしめます。

このパッケージにどことなくクリスマスを感じるのは季節のせいでしょうか?
c0178183_805383.jpg


こちらは海苔の佃煮「アラ!」でおなじみのなつかしいブンセンの商品。
関西ではお馴染の「アラ!」ですが、新潟では見かけることはありません。
とてもユニークな商品名をつける会社でおもしろいと思うのですが、
それについて語り合えるひとがいなくてちょっと残念。
[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-22 08:13 | 日々のこと | Comments(2)

カード

届いたカードが小さな頃一番好きだった絵本のイラストで、
驚いて よろこんで しあわせな気分でいっぱいになりました。

c0178183_6293317.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-16 06:29 | 日々のこと | Comments(0)

クリスマスの缶

焼いたクリスマスクッキーをクリスマスの缶に。
これひとつでもクリスマスの雰囲気が出るものですね。
缶のなかも家のなかもスパイスの香りでいっぱいです。
c0178183_19193842.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-07 06:37 | 日々のこと | Comments(2)

ふっくらハンバーグ

毎月2日は「お麩の日」。
なので今日はハンバーグにしました。
というのもうちでは少し前からハンバーグのつなぎにパンやパン粉ではなく「車麩」を入れているからです。 
2人分の挽肉の量で4人分くらいのハンバーグができるくらいたっぷりと使っているのですが、
焼くと焼き縮みするどころかしっとり膨らんでふっくらハンバーグに仕上がるので、
ハンバーグでなくても肉だねに入れるのがすっかり定番になっています。

定番のソースハンバーグも
c0178183_16583668.jpg

大根たっぷりおろしハンバーグも
c0178183_16581845.jpg


時間が経ってもかたくならずおいしいのでミニハンバーグにしてお弁当にもいいですね。


よろしければ車麩の使い方はこちらをご参考ください。
[PR]
by yukkiki88 | 2013-12-02 17:22 | 日々のこと | Comments(4)