新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

柿渋抜きの焼酎

今年も柿の渋抜き焼酎の活躍の時期がやってきました。
叔母がもいできてくれた渋柿は、へたの根元まで枝を落としたものと十字の枝付きのと2種。
枝の落とした柿は、へたの部分に渋抜き焼酎を少しつけてさわし柿に、
枝つきの柿は皮をむき紐に吊るし渋抜き焼酎を霧吹き干し柿にしました。

「しました」と言っても、さわし柿が出来上がるのは1週間先。
干し柿は・・・いつ干しあがるでしょうか、たのしみです。
c0178183_7314421.jpg


※さわし柿の作り方は→こちら
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-30 07:32 | 日々のこと | Comments(2)

さかすけとは?

酒を醸造する課程で出てくる酒粕
酒粕には乳製品並みの栄養があり、粕床、粕煮、粕汁にと重宝されてきたました。
最近は人気を取り戻しつつあるものの、それでも中々家庭に浸透しない理由には、
アルコールが含まれているということもありますね。
そこで新潟県醸造試験場が開発したのが酒粕の乳酸発酵商品さかすけ
さかすけはアルコールフリーで、乳酸菌で発酵させているので酸味が特徴です。
これからさかすけが活躍する日がくるでしょうか?乞うご期待ですね。

 さかすけ を使って作ったブランダード
c0178183_841592.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-29 08:46 | 新潟の食材メモ | Comments(2)
いちじくの何が好きかと聞かれたら、色が好きと答えます。
もちろん味も香りもプチプチとした感じも好きですが、
少し緑帯びた白いちじく、ボルドーのように深みのある黒いちじく、
そして乳白色の果肉とその中の淡く紫がかった桃色・・・うっとりです。

そんないちじく色に目がない私はそのままでいただくのが何よりですが、
おもてなしデザートにするとしたらいちじくのアイスクリームにします。
いちじくとバニラで作ったマーブル状のいちじくアイスに串切りの皮つきいちじくを添え、
最後に薄桃色のいちじくジャムを少し流して・・・色々ないちじく色を楽しめるアイスです。

つい先日のパーティーでも作りましたが、いつものように写真を撮り忘れました。
というわけで、あんみつ屋さんの艶々あんみつの映像を眺めながら想像してください。
c0178183_15413376.jpg


簡単ないちじくアイスクリームの作り方は・・・
皮をむいてカットしたいちじくと少し柔らかくしておいたバニラアイスをゴムべらで混ぜ冷やすだけ。
ポイントはフードプロセッサーやミキサーを使わず人力でざっくりざっくりまぜること。
いちじくとアイスクリームの割合は同量かいちじく多めくらいがおすすめです。
仕込んでおけばおもてなしデザートにも気取らなくていいですよ。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-28 15:42 | 日々のこと | Comments(2)

手作りのブリキのバケツ

新潟県中越地震から8年。
手をつなぎ手当てして手を合わせ乗り越えてきました。
ひとの手でしかできないこと、伝わることがあると思うのです。

手作りの小さなブリキのバケツをひとつ買いました。
c0178183_8121412.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-24 08:12 | 日々のこと | Comments(0)

大紺の味噌漬け

燕市の商店街のおいしい味噌漬けの看板を思い出し買いに行ってきました。
切りたての大根の味噌漬けは艶々。
c0178183_6273067.jpg

こちらの「おいしい味噌漬け」は量り売りで、どきどきしました。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-19 06:34 | 日々のこと | Comments(2)
ナツメというとサクランボほどの小さな実とばかり思っていました。
ところがこんなに大きなナツメもあるのですね。
生のナツメはまるで鮮度の良いりんごのような歯触りと香りがしますが、
この大きなナツメは普通のナツメよりずっと甘くヒメリンゴよりもリンゴらしく感じたほどです。

見慣れた叔父の庭のナツメ(右)とナツメの親分(左)
c0178183_645062.jpg

生のナツメはすぐにシワシワになってしまうので、保存するときは数日間干して乾燥ナツメにします。
が、今日は生憎の雨模様・・・カリカリかじりながら晴れを待つことにします。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-18 07:37 | 日々のこと | Comments(2)

5升用の押し寿司の型

押し寿司用の木型を買いました。
手持ちの木型ではちょっと用が足りないことが多くなり、ちょっと大きめサイズです。
不思議なものですね、売り場で見たときはコンパクトに見えた押し寿司の型、
自宅に持ち帰って早速手にしてみるとえらく大ぶりに見えるのです。
大きいはずです、よくよく見てみたら「5升用」と記してありました。

わかりにくいですが、どどんと5升用の押し寿司の型。
c0178183_6535637.jpg

5升サイズと言えば、山口県の「殿様寿司」ともいわれる大きな「岩国寿司」がありましたね。
事あるごとにこんな豪快なお寿司をに作って振る舞って囲めたらいいです。
殿様気分を味わいたい方はどうぞ手を挙げて待っていてください。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-15 06:57 | 日々のこと | Comments(0)

鶏ごぼうごはん

お米と具を一緒に炊きこむ炊きこみごはん
炊いたごはんに調味した具を混ぜこむ混ぜごはん
鶏とごぼうのごはんでは炊きこみごはんも混ぜごはんもどちらも作ることがあります。
炊きこみごはんはふっくらやさしい味に混ぜごはんはメリハリのある味に仕上がって、
おなじ材料を使っても食べた感じは別の料理のように違ってきます。
今日は甘辛く煮た鶏ごぼうを混ぜ込んだ混ぜごはんの方を作りました。
味の染みた部分と染みていない部分がある均一でないところが好きです。

鶏ごぼうごはんのおにぎり
c0178183_616556.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-13 07:56 | 日々のこと | Comments(2)

おにぎりの具

うっかり入れ忘れ、上に乗せた具のおかか。
おにぎりというのはたとえわかっていたとしても、
「何が入ってるかな?」という感じで隠れていた方がいいなぁと思いました。
c0178183_2104485.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-10 21:06 | 日々のこと | Comments(8)

国産のジーンズ

ジーンズに黒のタートルネックにスニーカーといえば、スティーブ・ジョブズ氏。
スティーブ・ジョブズ氏といえば、ジーンズに黒のタートルネックにスニーカー。
恐れ多くも偉大なる人物の真似っこをしているわけではまったくありませんが、
長年わたしの仕事のスタイルはジーンズに無地のTシャツにフラットシューズです。
定番のアイテムですが、その季節ごとに快適でいられるよう小まめに衣替えをしています。

秋冬用に選んだ少し厚めのデニムの国産のジーンズ。
国産のジーンズは初でしたが縫製がしっかりしていて安定感がありますね。
c0178183_8275041.jpg

自分が快適でいられるものを身につけていると、集中したいことに没頭できます。
自分が心地のいいスタイルを決めてしまうと、集中したいことに没頭できる時間ができます。

ただ没頭のあまり、偏った人間にならないように気をつけます。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-10-09 17:14 | 日々のこと | Comments(2)