新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

吹き寄せ麩 もみじ

小さな秋のお土産をいただきました。
京都の「半兵衛麩」という老舗のお麩屋さんの「吹き寄せ麩」という揚げもの用のお麩で、
油に入れると膨らんで揚げせんべいのようになる珍しいお麩です。
小さく膨らんだ吹き寄せ麩をきのこや銀杏など秋の揚げものに、
飾るように散らす日が今からとても楽しみです。

吹き寄せ麩 もみじ。
c0178183_857357.jpg

創業元禄2年の老舗の貫禄と「先義後利・不易流行」の精神の半兵衛麩さん、
京都に行くと必ず足を運ぶ一軒です。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-30 09:00 | 日々のこと | Comments(2)

焼き茄子の冷やし鉢

出先で仕事のあと、母と待ち合わせて久々にふたりランチをしました。
母とゆったりと静かに過ごしたいときは古くからの安心感のある食事処に行くのですが、
そんなお店の無駄がなく、無理のないお料理や雰囲気やそのバランスがとても心地いいのです。

お出汁のきいた焼き茄子は、鰹が香り高くきりっと冷やされとろり甘く。
c0178183_7444771.jpg


無駄がなく、無理のない心地よいバランス感を身につけたいです。

中庭のもみじが薄らと紅くなり始めていました。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-30 07:52 | 日々のこと | Comments(2)

ごま豆腐

「春の七草」は七草粥としていただくこともあって身近に感じますが、
主に観賞して楽しむ「秋の七草」はちょっと覚えにくいものだったります。
そんな秋の七草を祖母はこんな順番で五七五のリズムにして口ずさんでいたものです。

ハギ・キキョウ  クズ・フジバカマ  オミナエシ  オバナ・ナデシコ  秋の七草

この秋の七草のひとつでもあるクズ(葛)。
その根を干した「葛根」は漢方薬でもsり、本葛は血行を良くしたり緊張を和らげたりするそうです。
夏の疲れも出てくるこの時期そんな葛粉を使ってつくるのが「ごま豆腐」。
こんな風に茶巾絞りにして水に浮かべると本当にこんなに涼やか。
c0178183_1818252.jpg


ごま豆腐といえば精進料理の中でも最高のおもてなし料理であり、
もてなす相手のことを思いながら丁寧にじっくりごまをすることから始まります。
うちで作るごま豆腐はごまペーストを使ってその時間を省きますが、
その分しっかりと心をこめて練り上げて作っています。

本格的なものに勝るとも劣らないごま豆腐、明日の教室で作る予定です。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-23 05:22 | 日々のこと | Comments(0)

豆白玉あんみつ

豆づくしの食事会をたのしみました。
食事は、きりざい、糀納豆などの夏納豆、おぼろ豆腐・・・と豆三昧。
甘味はわたしの豆たっぷり特製「豆白玉あんみつ」

こんなにカラフルに仕上がりました。
c0178183_846541.jpg



秋になったら栗、黒豆、さつまいも・・・
秋色あんみつも一層華やかになりそうですね。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-16 08:52 | 日々のこと | Comments(0)
新潟のお盆に欠かせない食材のひとつ棒だら
新潟ではこれを甘辛く煮付けた「棒だら煮」がお盆のごちそうのひとつですが、
京都ではお正月にこれとえび芋とを炊き合わせた「芋棒」という料理が定番。
ここ新潟ではお盆の顔、かたや京都ではお正月の顔。

棒だらは鱈をしっかり乾燥させたものでとてもかたいので、
丸物のものの他にカットされたものも多く売っています。

一本ものの棒だら
c0178183_1361073.jpg

かたい棒だらは、どうやって切るのか?ということになりますが、
水にしっかり戻してしまえば難なく切れるので大丈夫です。
では、こんなに長いものをどうやって戻すか?というと、
厚手の大きなポリ袋を二重にしてその中で戻します。
こうすると、魚臭さも最低限で戻すことができるはず。
2~3日(水を替えながら)でやわらかくなり、切れるようになります。


うちの棒だら煮は→こちら
おばの棒だら煮は→こちら
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-12 13:10 | 新潟の食材メモ | Comments(0)

とうふ

地元系のスーパーに行って、麺類、納豆などの日配食品を見ると、
その店舗ごとにその付近の個人商店の商品を取り扱っているものがあります。
中でも豆腐についてはその販売エリアがぐっと狭まっているので、
その店舗が独占で販売する商品に出会ったりします。

初めてであったこちらは三条市下田地域にある佐野商店というお店の豆腐。
「滋養美味・手づくり」そしてひらがなで「とうふ」とプリント、新鮮です。
c0178183_13473723.jpg

こういった豆腐などの古くから在る個人の商店系の食品については、
「うちは佐久間さんのおぼろが・・・」とか、「うちは諸橋さんの木綿が・・・」など、
昔からここでなくちゃというお決まりのものを持っている人が結構多くいたりして、
そんな地元びいきの話を聞くたびにいいなぁと思うのです。

好きなお豆腐屋さんはありますか?




話は佐野商店のとうふに戻り、
細かいことかもしれませんが、とうふにプリントされていた住所が気になりました。
下田村は、もう5年以上も前(2005年)から三条市です。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-04 21:31 | 日々のこと | Comments(4)

三条夏まつり

三条夏まつり。
生まれて初めて 「民謡踊り流し」を見ました。
揃いの浴衣で踊れる祭りがあるということ、とても羨ましかったです。

こんな小路。
c0178183_2125910.jpg

蕎麦屋のあかり。
c0178183_21252492.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-03 21:30 | 日々のこと | Comments(0)
朝に孫正義氏の著書で暑さを跳ね返し、
夜は花火の音を聞きながら良寛さんで和んでいます。

スローライフを先取りした人生。
c0178183_8353878.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-03 08:39 | Comments(0)

ケイトウ

気がつくと大好きな花になっていた「ケイトウ」
そして、好きになってからケイトウは漢字で「鶏頭」と書くのだと知りました。
ケイトウには槍のように咲くものもありますが、まさに鶏冠のようにプリーツのように咲くものが好きです。

叔母のうちで赤く咲いていたケイトウは、うちの庭に植えたら桃色に。
なんともいえない桃色のプリーツが自慢のうちのケイトウです。
c0178183_21125929.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-08-01 21:15 | 日々のこと | Comments(2)