新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春野菜とう菜

春らしくなり、毎日のようにうちの食卓に登場するとう菜
とう菜は、菜花と同じアブラナ科の野菜で、伸びてとうが立ったものを収穫します。
「とうが立つ」というと、盛りを過ぎてしまったというイメージがありますが、
雪の下で育つとう菜は太い茎まで驚きの柔らかさ!甘みたっぷりです。

クリニックでのランチも「とう菜のパスタ」でした。
c0178183_19403460.jpg

やわらかく食べやすいとう菜は、こどもからお年寄りまでおいしくたべられます。
おひたしはもちろん、こんな風にパスタや炒め物、和え物、天ぷらなどにも。

とう菜は5月頃までの春の野菜。
三条市界隈では女池菜、大崎菜、川流れ菜などの名前で出回っていたりします。
また、とう菜はその茎を折って摘み取り収穫するため、折り菜とも。
春とはいえ寒い新潟では根こそぎしてしまうと次のものが中々育ちませんが、
折って摘み取るとう菜はすぐまた順々にまたとうが伸びて収穫できます。
そんな知恵のこもった春の野菜には春の栄養もたっぷりです。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-26 08:01 | 新潟の食材メモ | Comments(0)

たけのこだんご

たけのこの根元の部分、前回は角切りにして「中華まん」にしましたが、
今回はすりおろして丸めて揚げた「たけのこだんご」にしました。
これは新潟出身の村上昭子さんのレシピに習って作り始めたものですが、
ざっくり「たけのこご飯」にこんがりミニボールはとてもよく似合います。

山のものだからでしょうか、こんな素朴なままの器を合わせたくなります。
c0178183_851786.jpg

たけのこだんごは、すりおろしたたけのこをだんごにして揚げるだけです。
すりおろしてもたけのこの風味はしっかり残るので、硬いものが得意ではない方にもうれしい一品です。







本家本元の作り方は村上昭子さんの「これだけは、作り続けてほしい味」に載っていますが、
すでに絶版本となっているとおたよりをいただきました。

うちの作り方でもいいよという方、下記お試しください。


【たけのこだんごの作り方】
材料(8~9個分)
茹でたけのこ(根元部分)  中くらいの太さ2~3㎝分
たまご             1/2コ
小麦粉(片栗粉)       大さじ2
塩                小さじ1/2
揚げ油             適量

作り方
①たけのこはすりおろし水気を絞ってボウルに入れ、たまご、小麦粉、塩の順に混ぜる。
②ひとくちサイズに丸めて170度くらいの油できつね色に揚げる。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-16 17:40 | 新潟の食材メモ | Comments(4)

きなこマカロン

がんばってもできないときはできない。
がんばらずともできてしまうときもある。

マカロンがまさにそう。

生成り色のマカロンは、きなこを入れたきなこマカロン
c0178183_717762.jpg

できるときはできる。
できないときはできない。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-12 07:25 | 日々のこと | Comments(4)
この内容は下記に新しく書き直しました。




[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-10 07:58 | 新潟の郷土食 | Comments(0)

みりん粕のおこし

暴風で停電で転倒で。
ミニバラの鉢が飛んで砕けてバラバラ

そんな中、思い立って「みりん粕」を使っておやつ作り。
卵白に砂糖を混ぜ砕いたクルミにみりん粕をぱらぱら入れて、
板状に焼きあげてバリバリと砕くように切り分けて・・・

出来上がった「みりん粕のおこし」
c0178183_8452100.jpg

バラバラの部分と端っこが好きです。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-05 08:06 | 日々のこと | Comments(6)

ためない暮らし

ためこむというタイプではありませんが、
もう必要ないかもと思いつつも持ち続けているものや、
もしかしたら必要かもと持ち込んでしまうものがあったりします。

彼女にはこの「かも」が限りなく少なくて、
きっぱり独自の世界観というかスタンダードがあって、
自分の意志で日々変化しつつも周りに流されることはない。
そんな彼女、有元葉子さんの文章はいつも心地がいいです。
c0178183_9555888.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-04 16:59 | Comments(2)

揚げたてコロッケ

コロッケを買いにとんとんとんとお肉屋さんへ。
このお肉屋さんは店舗は新しいですが母が小さい頃から続くお店で、
ほんの数個でもその場でパン粉をつけて揚げてくれます。

いつも熱々サクサク、中はふわぁのコロッケです。
c0178183_22165144.jpg

揚がるまで10分ほど待つのですが、手作りの総菜を眺めていたりするとあっという間。
懐かしいスタイルのポテトサラダからグリックポテトというテリーヌのようなデリまで・・・。





ちなみにわたしの次に駆け込んできたお客さんはテイクアウトの牛丼をオーダー。
なんでもおじいちゃんのごはんを忘れていたんだそうです。
ついでにデリのひじきを買い慌てて帰られていかれました。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-01 22:21 | 日々のこと | Comments(0)