新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

兄はわたしを上回る柿の種マニアかつ辛いもの好き。みながわ製菓のとうがらしの種の新顔を送ります。

とうがらしの種オニオン&ガーリック
c0178183_6104395.jpg

※みながわ製菓は2016年に事業終了しました


[PR]
by yukkiki88 | 2011-08-31 06:26 | 柿の種・米菓 | Comments(2)

稲刈り

叔父宅では、稲刈りに備えて作業場である農舎の片付けに入りました。
ホームセンターでも、米関連商品が並び始めました。
米袋に米の段ボール、米の水分計・・・見ているだけでわくわくします。

もうすぐ稲刈りが始まります。
c0178183_172714.jpg


よくどうやってごはんを炊いているかと聞かれます。
普段は鍋で、予約が必要なときだけ炊飯器で炊いています。
鍋も炊飯器も何も時別仕様のものではありません。
特別仕様でなくてもおいしいごはんは炊けます。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-08-24 07:40 | 日々のこと | Comments(0)

スコーンサイズに揚げたドーナツに箸で穴をあけベリージャムを絞って粉砂糖をふったら、
ドイツのジャムドーナッツ「ベルリーナー・プファンクーヘン」の出来上がり。
c0178183_216121.jpg
同じ生地を一口サイズにあげて白砂糖をまぶしたらなつかしいドーナッツの出来上がり。
c0178183_2174066.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2011-08-10 21:57 | うちのパン | Comments(4)

細長いゆうごう

夏野菜の夕顔といえば「かんぴょう」が思い浮かびます。
かんぴょうに加工される夕顔は丸い形のものだそうですが、
新潟で食べられている夕顔は細長いものです。
大型の野菜の一つで、「ゆうごう」とか「ゆうごぉ」と呼ばれます。

叔父の逞しいこちらの「ゆうごう」は体長70㎝ほど。
c0178183_8201351.jpg


このゆうごうは、新潟の夏に欠かせない料理のひとつ「くじら汁」に使われるほか、
だし汁で薄味に煮て片栗粉でとろみをつけていただくのが一般的な食べ方。
とろみをつけることを「くずをかく」というため「ゆうごうのくずかき」とよばれています。

※夕顔の食べかたは→こちら
[PR]
by yukkiki88 | 2011-08-10 08:50 | 新潟の食材メモ | Comments(4)