新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2011年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

くるみの太巻き

お昼に太巻き寿司をいただきました。
くるみが入った新潟ならではの「くるみ太巻き」です。
c0178183_21295416.jpg


大橋屋さんの太巻き寿司はうちの味に近くなんだかホッとしました。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-31 21:36 | 日々のこと | Comments(0)

新潟なすコレクション

新潟県はなす王国
こちらの人たちは夏になると本当にたくさんのなすを食べますが、
わたしが思うにそんな自覚(なすをたくさん食べているという)はないと思います。
そしてまた、新潟のなすの種類は驚くほど多くあるのです。

今朝の畑からわがやにやってきたなすの一部です。
左から巾着なす、やきなす、丸なす、白茄子(※右上はかぐらなんばん)。
c0178183_865375.jpg

巾着なすは「長岡巾着茄子(中島茄子)」というブランドなすが有名で、
全国一かというくらい身のしまったなすで蒸かしなすが最高。
やきなすは、真っ黒に焼いて皮をむき生姜醤油(辛子醤油)で食べるもので、
その名の通り焼きなす専用のなす。
丸なすは、「越の丸」というブランドなすが有名で、田楽や揚げ出しに。
白なすは、一度は見なくなった品種ですが最近ちらほら見かけます。
これは焼きなすにするととても甘くて美味。

この他に泉州水なす系のなす漬け向きの「十全なす」、「梨なす」、
えんぴつのような形をした「えんぴつなす」などなど・・・。

そんな多種多様ななすを、こちらのひとたちは見事に的確に使い分けています。
こちらに暮らし始めた頃、ただただそんな能力に見惚れていたのですが、
毎日なすと戯れているうちに自然に備わってくるものなのですね。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-27 08:16 | 新潟の食材メモ | Comments(6)

妙高のルバーブ

南北に長い新潟では採れる農産物も大きく違っていて、
長野県に隣接する上越地区には信州の雰囲気があります。
春から初夏にかけての直売処にはルバーブが並んでいることがあります。
ルバーブは北海道や信州だけでなく上越地区でも収穫されるのですね。

妙高の直売所で見つけた少し赤い色の差す緑色の「ルバーブ」。
c0178183_624173.jpg

おすすめはやっぱりジャム。
ルバーブには緑色と赤色のものとがあり、どちらも同じよう加工できますが、
やっぱり赤色の方が華やかな風貌に仕上がります。
でも実は緑色の方が香りがよく滑らかに出来上がるのだとか。
よく洗ったルバーブは皮のまま適当な大きさに切り、
5〜8割の砂糖を加えて煮るだけで手作りジャムの完成です。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-18 06:36 | 新潟の食材メモ | Comments(0)

137の道しるべ

ちょっと立ち止まって、そっと開いてみてください。
佐藤初女さんの新書「いのちのことば 心の道しるべ137」

c0178183_5205666.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-12 05:22 | Comments(4)
ブリオッシュ生地にラムシロップをたっぷり含ませたババオラム
同じように洋酒に浸したサヴァランというパンもありますが、ババオラムはダリヨル型という上方がちょっと広がった円筒型を使うこと、そしてシロップにラム酒を使うことを基本としレーズンが入ることが多いでしょうか。わたしは濃いめに抽出した紅茶をベースにラム酒を加え、シナモン、レモン、バニラをきかせるのが好きです。

ポイントはシロップをたっぷり浸すこと、冷蔵庫でしっかり冷やすこと
c0178183_525836.jpg


c0178183_534885.jpg



ババオラムはフルーツとクリームを添えたら、ババオフリュイというデザートになります。


[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-05 06:25 | うちのパン | Comments(2)

鯛車焼

鯛車商店街に行ったら行こうと思っていた「鯛車焼一成」。
「鯛」ならぬ「鯛車」です。
あんの種類は小倉あん、豆乳クリーム、ショコラの3種類。
そして生地も3種類。
・焼き立てがおいしい定番のさくっさくの鯛車焼。
・冷めてもおいしいかすていら風のふわふわふわ生地の鯛車焼。
・そして夏季限定?もちもち生地の冷鯛車焼(つめたいぐるまやき)。

わたしは自慢のさくっさく生地の小倉あんをひとつ。
パリっとしたたい焼きのような生地を想像していましたが、パリッではなく本当にさくっさく。
c0178183_17581548.jpg

冷鯛車焼をすこし、もち~と分けてもらったら、本当にもち~と、もちもち。
さくさく派ももちもち派も仲良く楽しめていいなぁと思いました。



「鯛車焼一成」さん、外から窓越しに覗くとちょっと強面のお兄さんの姿が見えて、
少しばかりどきどきしましたが、とってもやさしいお兄さんでした。
安心してこんにちはと入ってみてください。






「鯛車焼一成」さん、ブログをやられているんですね。
ハッピーターンが好物なんですね。
「鯛車一成」
[PR]
by yukkiki88 | 2011-07-03 18:02 | 新潟のお菓子 | Comments(0)