新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2011年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

あんぱんとあんこパン

始発の新幹線に乗ってきた父にちらっと会いました。
朝食は?と聞くと、キヨスクのパンを食べてきたというので、
「菓子パンだったのね。」というと、
「菓子パンじゃないよ、あんぱんだよ。」と父。
彼の中ではあんぱんは菓子パンではないようです。

叔母はわたしが焼くあんぱんを「あんこぱん」と言います。
わたしのあんこぱん
c0178183_620566.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-24 06:27 | うちのパン | Comments(0)

あられ麩で雛あられ


ひなまつりもそろそろ、今日は麩を使って雛あられを作りました。
使った麩は、吸物に使われるようなちいさな玉状のあられ麩で、
今回は桃、緑、黄の3色の色紙を散らしたようなものを選びました。

あられ麩自体がカラフルなので、白砂糖衣を着せただけで十分可愛く、
サクサクっと薄甘で軽くてついつい手が出てしまいます。
c0178183_14185765.jpg



京都や金沢の細工麩のように工芸品のような美しさのものもありますが、
この新潟のあられ麩は大粒だったり、小粒だったり、おおらかさが魅力です。
c0178183_14173569.jpg


【あられ麩でひなあられの作り方】
 あられ麩 1袋(30g)
 砂糖   大さじ3
 水    大さじ1強
 ①小鍋に砂糖、水を入れて弱火にかける。
 ②砂糖が溶けてとろみがでてきたら火を止めて麩を全部加え、
  鍋が冷めないうちに箸で手早くかき混ぜる。
 ③砂糖が粉を吹くように白くなったら出来上がり。
  冷めたらカリッサクッとなります。
 ※再び火にかけ軽く砂糖を溶かし、火を止めてかき混ぜると
  砂糖衣がたっぷりつきます
  




[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-22 14:19 | 日々のこと | Comments(2)

三幸の柿の種

三幸製菓の柿の種は容姿も食感も味も他メーカーの柿の種と大きく違いますね。
その派手なパッケージとは相反して、一粒一粒がいい意味で不揃いで素朴。
その豪華なパッケージとは相反して、甘味があって辛味はとてもマイルド。
そしてその軽さが印象的です。

CMだけでなくパッケージも派手。
c0178183_912849.jpg

三幸製菓は大手米菓メーカーのひとつですが、どこよりも宣伝広告に力を入れていますね。
がんばるマツケンさん。
c0178183_10422.jpg

原材料を見てみたら、もち米のみでつくられていました。
だからサクサク軽いのかもしれません。
砂糖だけでなくみりん、昆布や鰹節のだしもつかわれていました。
大粒のピーナツもたっぷりなのでマイルドなのかもしれません。
サクサクおかきとごろごろピーナッツをという方におすすめです。

 
[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-17 12:35 | 柿の種・米菓 | Comments(2)

雑穀の王様アマランサス

東北経由で帰宅した父の手土産は岩手県特産の雑穀「アマランサス」。
アマランサスは雑穀の中でもとても小さな粒ですが、
そのビタミン、ミネラルの含有量はどの雑穀にも負けない雑穀の王様です。
特にカルシウムは白米の32倍、マグネシウムと鉄だって10倍です。

イーハトーブの雑穀とプチレシピ集。
c0178183_5583164.jpg


プチプチした食感を生かしてパスタにしたら「たらこパスタ」のようでしょうね。
たらもサラダも楽しめるでしょうか。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-15 06:06 | 日々のこと | Comments(0)

勝ちの種

今日はバレンタインデー。
恋する乙女たちはチョコを胸にドキドキでしょうか。
特別仕様の「柿の種」をつまみながら健闘を祈っています。
どうぞ思い切って素晴らしきゴールを決めてください。

アルビレックス新潟のスタジアム限定の「勝ちの種」。
c0178183_10505725.jpg

ちなみにこちら発売元は亀田製菓ですが、製造元はアジカル㈱となっています。
アジカル㈱というのは亀田製菓の関連会社で、直営店は東京にあります。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-14 10:54 | 柿の種・米菓 | Comments(0)

車麩の味噌カツ

名古屋に暮らしていた頃が懐かしくなると取り出す八丁味噌。
この八丁味噌に砂糖とみりんなどを加え甘辛い八丁味噌ソースを作り、
車麩のフライにかけたら・・・「車麩の味噌カツ」
c0178183_9261356.jpg

作り方はいつものようにとても簡単です。

【車麩の味噌カツの作り方】
材 料  車麩 小麦粉 塩コショウ パン粉 八丁味噌ソース
作り方
①戻した車麩は4等分にしてしっかり水を絞りあとは普段のフライの要領で揚げる。
②八丁味噌ソースをかけて熱々のうちにたべる。

八丁味噌ソースは、小鍋に八丁味噌と砂糖(ザラメ)を同量くらいずついれて、
みりんと酒を加え混ぜ弱めの中火にかけ、煮詰めたら完成。
仕上げに白ゴマや柚子を少々いれてもいいです。
※冷めると硬くなるのでやわらかめに仕上げます。






ナカモの“つけてみそかけてみそ”のCMがなつかしいです。
いまも聞けるのでしょうか、あのフレーズ。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-07 09:40 | 日々のこと | Comments(6)

車麩の東坡肉


今日2月2日はお麩の日。
本格的な東坡肉(トンポーロー)ではなく「車麩の東坡肉」です。

見た目もすっかり東坡肉ですが、食べてもなかなか東坡肉です。
東坡肉じゃないと思われたら「車麩のあんかけ」とみて頂いてもOKです。
c0178183_6443977.jpg


車麩はもはや我が家のバラ肉(三枚肉)でもあります。
くどいですが、今日2月2日は「お麩の日」です。
しつこいですが、毎月2日は「お麩の日」です。
こんなにヘルシーで便利な食材を使わないのはもったいないです。

【車麩の東坡肉の作り方】

車麩・植物油・煮汁(砂糖・醤油・だし汁)・好みで八角    

①車麩を水で戻し、4等分して手ではさんで水けを絞る。
②片栗粉をまぶして小さいフライパンか小鍋で多めの油で揚げ焼きする。
③車麩をいったん取り出して、砂糖と醤油とだしで濃いめの煮汁を煮立たせ、
 ②の車麩を加え弱火で少し煮る。
④好みでだし汁に水溶きくず粉でとろみをつけたら出来上がり。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-02-02 06:46 | 日々のこと | Comments(0)