新潟生活の日記です。


by 新潟生活

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

和釘のお守り

三条市の金物づくりの原点は和釘づくり。
その和釘は今でも伊勢神宮へも奉納されています。
先日、三条市の八幡宮で見つけた「一寸和釘御守」という交通安全のお守り。
お守りの中には一寸(3.3㎝)の2種類の小さな和釘が封入されていて、
「一寸(ちょっと)待って」の思いをこめた振込め詐欺被害防止のお守りでもあるそう。

一寸ながらも伊勢神宮の和釘と同じく1本1本手作りで作った本物だそうです。
c0178183_5253117.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-31 06:07 | 日々のこと | Comments(0)

お料理しましょう

「お料理しましょう」シリーズ2の著書は故飯田深雪さん。
c0178183_5425554.jpg

こんな風に始まって、
c0178183_543683.jpg

最後までしっかり。
c0178183_5433511.jpg

このイラストとデザインのシンプルな可愛さ。
ほほぅと思える豆知識もあって、大人でも楽しめる一冊です。
c0178183_5512196.jpg






※「お料理しましょう」シリーズは、1~4まであって、
1は王馬煕純さん、3は土井勝さん、4は江上トミさん。
残念ながらこの2は絶版だと聞きました。
[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-24 06:02 | Comments(10)

こだわりの網代焼

明治36年発売のロングセラーの「網代焼」は、
日本海の荒磯にとれる小魚を素朴にかたどった小さな米菓です。
この「網代焼」、時々こだわりの限定品が発売されることがあります。

岩船産こしひかりを使った高級感ある「網代焼」。
c0178183_653260.jpg

むかしは「ととせんべい」とよんでいたかなと叔母。
おやつだけじゃなくてビールにも・・・と叔父。
古くから愛されてきたものは、おいしくて飽きないものですね。

新野屋さんの社長さんのこだわりと前回の柏崎産100%の網代焼についてはコチラ
もちろんそのこだわりはしっかり味にも現れているんですよ。
[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-21 06:06 | 柿の種・米菓 | Comments(1)

三条市のマンホール

生活感がたっぷり香る感じられる路地裏。
路地裏や普段とは違った道を歩くと、普段は見えないものがよく見えます。

ちょっと自慢の三条市のマンホール。
c0178183_5365843.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-20 05:37 | 日々のこと | Comments(4)

丸井今井邸

北海道の百貨店「丸井今井」の礎を築いた今井藤七の本家「丸井今井邸」
売却となったとき、三条市民が資金を募り譲渡を受けたのだそうです。
今も運営や管理は市民による保存会で三条の立派な財産のひとつ。
c0178183_6402784.jpg

そんな風格ある建物で老舗菓子店の松坂屋さんからご指導をうけました。
出来上がったのは、水鳥、カキツバタ、フジ。
たとえ見えなくても、水鳥、カキツバタ、フジ。
c0178183_656319.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-17 06:56 | 好きな場所 | Comments(1)

ばんでい餅

「からむし織の里」の敷地内にある「苧麻庵(ちょまあん)」。
「苧麻」とは「からむし」の別名だそうです。
「苧麻庵」は郷土食伝承館とあり、奥会津の郷土食がいただけます。
郷土料理ももちろんですが一番人気あるのは手打ちそば。
矢ノ原高原で収穫した玄そばを引いた、そば粉100%の手打ちそば。
なんでも手打ちそば名人から指導を受けた地元のお母さんたちが打っているとか。

メニューの「ばんでい餅」は、もともとは木こりのお弁当だったそうで、
蒸かしたうるち米を、もう一度洗って蒸かしてぬめりを取って作られる手間のかかった餅。
それにエゴマ(じゅうねん)の甘いたれをかけていただくというものです。

餅肌もびっくりの餅肌の艶々の「ばんでい餅」。
滑らかでとろけるような食感に目がまん丸になります。
c0178183_6503983.jpg

蕎麦ももちろん艶々。
c0178183_725650.jpg

天井が高く、こだわりの作りの店内。
c0178183_743689.jpg

小さなところの手間をもおしまない昭和村でした。
[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-07 07:07 | 旅のこと | Comments(2)

からむしの里

桧枝岐村と同じ奥会津にある昭和村
昭和村は、柳津と南会津町に挟まれた桧枝岐村の半分くらいの村。
この地域は本州唯一のからむしの生産地で「からむし織」が有名です。
無形文化財のひとつでもある「からむし織」は、それはそれは手間のかかる織物で、
その豊かな美しさは一目見たら納得納得の幻の織物です。
「からむし」とは、イラクサ科の植物で苧麻(ちょま)、青苧(あおそ)とも言うのだそう。
c0178183_5331471.jpg

昭和村には「からむし織の里」という立派な場所があって、
敷地内にはからむし工芸博物館、織物体験ができる交流館、
郷土料理伝承館苧麻庵といわれる郷土料理のいただける施設があります。

涼やかで美しい大きな大きなカゴ。
c0178183_5513999.jpg

またたび細工にあけび細工。
c0178183_5525225.jpg

からむし織りも豊富に揃い、お菓子のように可愛らしいモチーフもありました。
c0178183_5552317.jpg


雑穀、豆などの乾物なども販売されてとてもたのしめました。
[PR]
by yukkiki88 | 2010-05-07 06:05 | 旅のこと | Comments(4)