新潟生活の日記です。


by 新潟生活

カテゴリ:新潟の郷土食( 12 )

太巻きが細巻きに見えるほど立派な恵方巻きがずらりならぶ惣菜コーナー。
もはや丸かぶりは到底あり得ないサイズです。

そんな我が家は手軽に手巻き寿司にしました。
新潟定番のくるみの飴煮がいいアクセントになります。
c0178183_16285529.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2016-02-03 16:27 | 新潟の郷土食 | Comments(8)

塩引き鮭の一のヒレ

新潟の年取魚といえば(塩引き鮭)。
年末が近づくと新潟の魚売り場は塩引き鮭が多くを占めるようになります。

その塩引き鮭の胸びれについているカマの部分は一のヒレといいい、
この部分は大晦日に生のまま神様にお供えをします。
そのあと三枚におろした塩引き鮭の切り身を家族の人数分だけ焼き、
大晦日の夜に年取り魚として各自の前に並びます。
そして残った中骨とお頭は正月明けに昆布巻として利用されるのです。

こちらが塩引き鮭の一のヒレ
c0178183_17321592.jpg

少人数の世帯が増えた最近では一本物ではなく切り身買いをする人も多く、
そんな人のためにこの一のヒレの部分だけも売られていたりします。
[PR]
by yukkiki88 | 2015-12-30 18:40 | 新潟の郷土食 | Comments(2)

くじら汁

今年初のくじら汁
新潟では夏に塩くじらを使ったくじら汁をいただくのです。
くじら汁に入る具材はなす、じゃがいも、玉ねぎ、夕顔などの野菜で、
簡単に言うと塩鯨入りの味噌汁みたいなものでしょうか。
男性を中心に好まれる新潟の夏の郷土食です。

c0178183_7104622.jpg

【新潟のくじら汁の作り方】
①塩鯨は小さな短冊切り、野菜は好みの大きさに切る。
②煮干のだし汁に塩くじら、野菜を入れて 柔 らかく 煮てみそで味を調える。
 ※塩鯨の塩分があるので味噌はほんの少し調える程度でじゅうぶん
[PR]
by yukkiki88 | 2015-07-30 08:18 | 新潟の郷土食 | Comments(0)

糸うりの酢の物

我が家では味噌漬けにすることが多い糸うり
さっぱりしたものがいい時には酢の物にします。

糸うりの酢の物の美しい色を見ると別名「金糸うり」という名前が浮かび、
そのシャキシャキとした1本1本をいただくと「そうめんかぼちゃ」という名にも納得。
夏に一度とはいわず二度、三度と味わいたい新潟の夏の味覚です。
c0178183_15201440.jpg


糸うりの切り方は→こちら
糸うりの茹でかたは→こちら
[PR]
by yukkiki88 | 2014-08-20 15:24 | 新潟の郷土食 | Comments(0)
三条市の叔母も燕市の叔母も地域のお祭りの日には、おこわを作ります。
毎回だいたい2.5~3升くらいのおこわを蒸すというのですから迫力です。
三条市の叔母は醤油赤飯か赤飯ですが、燕市の叔母は五目おこわが十八番。

ごぼう、人参、油揚げと一緒にオニグルミの入ったクルミ入りおこわです。


c0178183_7351233.jpg


[PR]
by yukkiki88 | 2014-05-19 07:37 | 新潟の郷土食 | Comments(6)

鮭の酒びたしの作り方

新潟県村上市といえばやっぱり鮭。

中でも有名な塩引き鮭は、
塩漬け→塩抜き→軒先に吊るして寒風に晒す 
そんな風に手間をかけ作られた年末から年始に欠かせない冬の味覚です。

その塩引き鮭をさらに春を超え梅雨直前まで干して熟成させるように仕上げ、
燻製のようになったものを薄く削ぐようにスライスして日本酒に浸したものが、
そう、最高傑作と言われる鮭の酒びたしです。

梅雨明け頃に、
「今年の出来はどうかしら?塩がきつかったのでみりんや酢に浸してね。」
と届いたのは見事に干し上がった状態の鮭の美しいスライス。
早速、酒浸しならぬ酢浸しやみりん浸しにしてみました。

届いた状態(写真奥)、浸したもの(写真手前)
c0178183_17194115.jpg


塩引き鮭も熟成干しもその酒浸しも一度自宅で作ってみたいと思うのですが、
これらはやはり村上の寒風がないとどうも上手く干し上がらないそうです。
軒先を貸してあげると言ってくださっているのでいつかいつか・・・!

[PR]
by yukkiki88 | 2013-10-14 17:24 | 新潟の郷土食 | Comments(2)
町屋の人形さま巡り十輪寺えんま堂の骨董市SLひな街道号の運行。
3月最後の日曜の村上市はJR駅から町屋の中心地まで賑わっていました。

ところどころに鮭のイラストや文字、そして軒下に塩引き鮭が下がる光景。
村上には鮭を頭から尻尾まで余すことなく100を超す鮭の料理があると聞き、
村上の強度の味が街の歴史とともに受け継がれるといいなぁと思いました。

代表的な塩引き鮭は切腹を忌み嫌って、腹の一部を残して開くのがルール。 
ほんのわずかお腹がくっついているところは、美しく高貴にも見えます。
ぜひ村上まで足を伸ばしてみてほしいです。
c0178183_893841.jpg


[PR]
by yukkiki88 | 2013-03-26 14:57 | 新潟の郷土食 | Comments(2)

かぶの炒め煮 かぶ炒り

叔母がハウスから引き抜いて持ってきてくれた可愛い小かぶ
小かぶなのにひげ根も葉も立派で絵本に出てくるような愛らしさ!
なんて言いながら、早速かぶ炒りにしてしまいました。

かぶ炒りは油揚げや打ち豆と一緒に炒め煮にしたお惣菜のこと。
味付けは味噌だけで、一緒に人参も入れることもありますね。
家庭によって名前は違うかもしれませんが、冬の定番料理です。

c0178183_1624279.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2012-12-28 16:25 | 新潟の郷土食 | Comments(0)

佐渡の栃餅

残念ながら観光も買物もする時間もなかった佐渡出張。
そんなわたしに校長先生が手渡してくださったのは名物の栃餅(大福)
佐渡に栃餅?と驚きましたが、沢根だんごと並ぶ名物だそうです。


c0178183_1575862.jpg

いただいて納得!
佐渡に行ったら、栃餅のことをどうぞ思いだしてください。
栃餅のことが気になったら、佐渡へどうぞおでかけください。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-11-02 16:45 | 新潟の郷土食 | Comments(2)
この内容は下記に新しく書き直しました。




[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-10 07:58 | 新潟の郷土食 | Comments(0)