新潟生活の日記です。


by 新潟生活

新潟の新高梨

新高梨は、大きい木だと1本で30~40坪ほど枝を広げ250~300個の実をつけるそう。
実の大きさだけでなく木の大きさから実の数までダイナミックな梨だったのですね。
温州みかんを危うく押しつぶしてしまいそうなこの迫力。
c0178183_1024183.jpg

高知県の新高梨の説明は、
 新高梨は、高知の今村秋と新潟の天ノ川を両親にもつ大型の梨で、
  本格的に最初に栽培をはじめたのが高知県です。
新潟県の新高梨の説明は、
 新高梨は、新潟の天の川と高知の今村秋との高配によって生まれ、
  両方から一文字とって新高と名付けました。

ちょっと控え目な新潟です。
[PR]
Commented by coucou at 2008-10-22 07:54 x
家のお隣が高知出身の方で、たまに、産物をお裾分けして下さいます。新高、本当に大きいですよね。刃を入れるときに、
梨とは思えない何かを扱っているような気分になります。
新潟産、梨に限ったことではありませんが、
こちらには流通してこないんですよ。
今、近くのスーパーでも新高が置いてありますが、これらは
いたって普通サイズの梨。どうしてなんでしょう!?

ちなみに私はこの大きな梨が、完全にまんまるでないところが
何気に好きです。ちょっと歪んで、ちょっとぼこぼこ、というあたり(笑)絵で表現するのはむずかしそうです。。。
Commented by yukkiki88 at 2008-10-25 07:28
高知の方なんですか?一度行ってみたいと思っている県で興味深々なんです。
そう、果物ナイフでは間に合わないんですよね(笑)そしてくし型に切るとひときれが大きくって、でも薄くもできない。
新潟のものは、そう簡単には口にできないんですよ(笑)食べてもらいたいものは山ほどあるのに・・・。私が代理販売したいくらい!
新高梨は、不思議とこちらでもスーパーのものは比較的小ぶりかもしれません。わたしが買うような直売所には赤子の頭のようなものがごろごろなんですが・・・。どうしてなのでしょうね。扱いにくいのか、はたまた贈答用になるのか??
あ、確かにうちの新高もみんなイビツでした~。かわいい。
Commented by coucou at 2008-10-27 07:52 x
豊かな産物があるので、自分たちのところで満足していて、
他のところへ売り込もうとしないの、とお隣の方は言っていました。どこかで聞いたことがあるせりふ・・・(笑)
やっぱり新潟のものを食べるなら、そちらへ足を運ぶしかないんですね。
Commented by yukkiki88 at 2008-10-27 08:30
そうですそうです。
お越しください!
訪ねてくださった方、みなさん大荷物で帰られるんですよ(笑)
by yukkiki88 | 2008-10-18 09:41 | 新潟の食材メモ | Comments(4)