新潟生活の日記です。


by 新潟生活

三条市の車麩

グルテンと強力粉を合わせた生地を棒に巻きつけて焼いた車麩
三条市の車麩は生地を巻いて焼くことを3~4回繰り返して焼きあげるのが特徴で、
かたくしっかりと巻き焼き上げられた車麩は煮ても煮ても煮崩れず、
煮れば煮るほどとろりとおいしく煮あがるのが自慢です。

三条市で大きな車麩メーカーといえばマルヨネ。
目標は本社の屋上の大きな「米」のマーク、パッケージにも「米」のデザイン。
c0178183_1515227.jpg

[PR]
Commented by ちえぞう at 2008-09-18 22:12 x
揚げ物、肉料理なしでの食卓!!理想だよ~。
楽だし、食べ応えあるし、ついつい頼りがちなお肉。
でも体が欲してないのわかる時ある。
昔ながらの日本の食材で絶対事足りるはずなんだもんね。
野菜中心生活、心がけたいな。
Commented by yukkiki88 at 2008-09-19 07:17
確かに新潟は豊かで、昔ながらの食文化がたくさん残ってるんだけど、もったいないことに、こんな知恵を有効活用しているひとって今はすごくわずか。でもね、自分の両親たちが小さい頃に食べていたものたいだけでの生活、試してみると結構面白かったりするんだよ。エコだとか自然だとか難しく考える必要はなくって、ただタイムスリップ生活ってことを頭においとくだけなんだけど、これって結局はエコだとか自然に向ってる。無理はつづかない、自分ができる範囲でね。結局、楽しんじゃった方が勝ち!
Commented by coucou at 2008-09-20 08:32 x
好きな車麩も、作られている過程の話を聞いてまた興味が広がったのを思い出します。
KBSの取材に新潟というのもまた気になるところですが、日本の米どころとしての視点なのか、地元の産物を使った給食として、それとも、韓国から新潟は馴染みのあるところ???
色々な出会い、きっかけってあるものですね。
Commented by yukkiki88 at 2008-09-24 19:48
特に韓国と新潟はなじみ深いというわけではないと思うんですが、地場産のものをフル活用した模範的な給食を提供している土地として注目されているみたいなんです。それも韓国からだけでなく、世界的にというから驚きなんです。
by yukkiki88 | 2008-09-17 10:57 | 新潟の食材メモ | Comments(4)