新潟生活の日記です。


by 新潟生活

笹団子のスゲとイグサ

笹団子を縛っているのは何のツル?
そんな質問を受けることがあります。
笹団子を結ぶときに使うのはスゲまたはイグサです。
イグサは畳表の素材、スゲはお遍路さんがかぶる菅傘の素材。
一見大差ないような気もしますが、実はそれぞれに個性があります。
イグサは1本1本の角が取れ丸く均一で真っすぐなため弾力があって丈夫。
スゲの方は幅があって角張った不均一な容姿(写真)をしていて切れやすい。
c0178183_14464052.jpg


だったらイグサの方がいいのではないか?と思いますよね。
確かに作り手側からすると丈夫なイグサの方が作りやすいのですが、
切れやすい反面、引っ張るとちぎれるスゲは食べる方としてはいい。
なので市販のものは作りやすいイグサが多いのかもしれませんが、
家庭で手作りする笹団子にはスゲが好まれるのですね。

というわけで引っ張ってみて、軽くちぎれたらスゲ、
ちぎれなかったらイグサかもしれません。
[PR]
Commented by ゆのたえ at 2015-07-05 22:18 x
すげ?知りませんでした。
夫の母は多分イグサだわ。
お団子をこのひもで切るときれいにちぎれると教えてもらいましたもの。
でももう作ってくれません。面倒だって!確かに大変!三角ちまきも好きなのになあ。
田植えが終わる頃作ってくれて食べていたんですが、、、
90歳だからしょうがないですね。
Commented by yukkiki88 at 2015-07-06 08:23
そうなのですよね、
笹を採ってきて、
ヨモギ(三条ではごんぼっぱ)を採ってきて、
それぞれ下処理をしておいてから餅生地を作って、
包んで蒸して・・・。結構な時間と手間がかかります。
90のおばあちゃんもきっとご自身も笹や餅に触れたいのだと思います。
でもお一人ではもう荷が重すぎるかもしれません。
三角ちまきくらいなら少しはハードルが低くなりますが、それでもやっぱり気合が必要ですよね。
Commented by ゆのたえ at 2015-07-06 14:52 x
いつも思います。
先輩方は本当に働き者です。
ぐちひとついわず、当たり前のように作業をこなすんですもの。
そうなんです。笹を山から沢山取ってきて干しておいていつでも作れるようにしておく。
ごんぼっぱもゆがいて冷凍しておく。
ひとりでモクモクとなんてねえ。。。。
おしゃべりしながらなら楽しいでしょうが。。。。
三角ちまきもわたしは上手に包めません。
大きすぎていつもはじけちゃっていました。
もう母は付き合ってくれませんからとうとう習得できないまま!かな。
ごんぼっぱの笹団子食べたくなっちゃったなあ。
いとこはちょっと日にちをおいて固くなったころが好きだといっています。
Commented by yukkiki88 at 2015-07-07 14:00
先週、下田の手作り笹団子をいただいたのですが、
かための団子生地でした。
もしかしたらお好みかな?

いつか三角を一緒に包みましょう!
おいしいきなこも用意して。
Commented by ゆのたえ at 2015-07-08 19:22 x
いいんですか?
うれしいです。
宜しくお願いします。

Commented by yukkiki88 at 2015-07-10 17:45
いつかぜひ!
by yukkiki88 | 2015-06-24 13:31 | 新潟の食材メモ | Comments(6)