新潟生活の日記です。


by 新潟生活

きんぴら団子

桜餅とうぐいす餅の間に並んでいた「きんぴら団子」
しょきしょきとした柏餅の生地の中に包まれているのはきんぴらごぼうで、
三条に暮らし始めた当初は不思議な餅!でしたが、最近はすっかり見慣れた餅です。
c0178183_8292876.jpg


そういえば、実物は見た事無いですがモスバーガーにもきんぴらライスバーガーがありましたね。
気がつけば身近な存在になったりならなかったり。
[PR]
Commented by 白いねこ at 2015-03-08 10:52 x
☀こんにちわ
これ、日持ちしないんでしょうねー、
車麩等こちらで手に入らないものを時々送ってもらうんですが、
賞味期間があるようだったら、頼んでみようかな。
モスバーガーはTOKYOに居る時食べましたが、
こちらの方が美味しそう。

こちらに“おきゅうと”は売ってますが、似て非なるもの、
“いご”のほうが繊細な味です。
そうそう、yukkiki88さんは“煮菜”をご存知?
私たち姉妹にとって、一番郷愁を感じる料理です~♪
Commented by yukkiki88 at 2015-03-09 06:44
おはようございます
お餅(しかも中がきんぴら)なので日持ちは難しいかな・・・
もしもこちらに来られるようなことがあればぜひ!
私もまだそんなに幾つものお店のを戴いてはいませんが、
それでも中のきんぴらの味の幅が広いのだと知りました。
その味の感じでおいしさがぐぐと変わってくるので、
できることならば何件かのもので味を見ていただきたいです♪

おきゅうとも知っていますよ。
わたしはどちらもそれぞれで好きなのですが、
新潟生まれの両親はやっぱりえごびいきですね。

煮菜は冬の食卓にかなりの頻度で登場しますよ!
今でも秋になると材料となる漬け菜を叔母と母が収穫、
たっぷり塩漬け作業しています。
そうそう、その煮菜に欠かせないのが打ち豆ですよね♪

by yukkiki88 | 2015-03-07 08:38 | 新潟のお菓子 | Comments(2)