新潟生活の日記です。


by 新潟生活

叔母の十八番クルミ入りおこわ

三条市の叔母も燕市の叔母も地域のお祭りの日には、おこわを作ります。
毎回だいたい2.5~3升くらいのおこわを蒸すというのですから迫力です。
三条市の叔母は醤油赤飯か赤飯ですが、燕市の叔母は五目おこわが十八番。

ごぼう、人参、油揚げと一緒にオニグルミの入ったクルミ入りおこわです。


c0178183_7351233.jpg


[PR]
Commented by tanat6 at 2014-05-19 14:45
胡桃入りのおこわですか~
初めてです。
香ばしくて美味しそう!
おこわも面倒で母任せ…そろそろ自分で作らなければ。
Commented by yukkiki88 at 2014-05-19 17:54
新潟では巻き寿司やおこわに胡桃が入ることも珍しくなくて、
むしろ胡桃はお菓子よりも料理の中で頻繁に使われるのですよ。
胡桃が入った巻き寿司はちょっと特別感があり、
和え物も胡麻和えよりも胡桃和えの方が喜ばれたり。
そう、胡桃独特の香ばしさが魅力です。

わたしもいつか叔母みたいにさりげなく作れるようになりたいです!
Commented by ネイビーブルー at 2014-05-20 06:07 x
私の母も燕の人で五目おこわと言えば胡桃入りでした。隣家の胡桃の木が我が家で簡単に実が採れるほど大きく(笑)、母が鉄のフライパンでコロコロと炒って殻を半分に割り、実を穿り出すのが私達子供の役目だったなぁ~
叔母様のおこわ本当においしそう!
Commented by yukkiki88 at 2014-05-20 08:50
まぁ!同じような味を親しんできたと思うと、それだけで身近な感じがして。うれしいきもちになりました!
胡桃の木は叔母の家にもあるのですが、同じく大きくてふっさふっさとしています。その隣には栗の木があって、大好きな空間です(笑)
そうそう、今でも鉄のフライパンでカラカラコロコロと炒っていますよ♪久しぶりにそんな作業をしたくなってしまいましたか?(笑)
Commented by ネイビーブルー at 2014-05-20 18:59 x
そうですね、母が逝って20年以上になりますが、最近小さかった頃の事をよく思い出します。年ですね!
あのね、胡桃はね、毛糸針で穿ったんだよ~(笑)
Commented by yukkiki88 at 2014-05-22 12:24
時を経るごとにおいしくおいしくなっていく思い出の味。
お母様はそんな永遠の味をプレゼントしてくださったんですね。
何より素敵なこと。
自分もそんなものが何かひとつでも・・・どうかな~。

毛糸針ですか!今、わが家ではタコ焼き用の目打ちですよ(笑)

by yukkiki88 | 2014-05-19 07:37 | 新潟の郷土食 | Comments(6)