新潟生活の日記です。


by 新潟生活

いろいろな山菜の使い方

新潟に来たばかりの頃は多種多様な山菜に戸惑いましたが、
ようやく最近になって少しづつ扱えるようになりました。
山菜というと扱いが難しそうなイメージがあったりしますが、
アクが殆どない普通の野菜のように使えるものもあります。

葉脈が美しいコシアブラ(左)とまだ小さなタラの芽(右)はそのまま天婦羅に。
特にコシアブラは山菜の天婦羅の中ではいちばん美味!
c0178183_1063681.jpg

鶏の足のような穂先のトリアシはそのまま熱湯で茹でておひたしに。
綺麗な色に茹であがりアクもなくシャキシャキ!
c0178183_10102856.jpg

綿毛の渦巻いたゼンマイはアクが強いので、一旦干してアクを抜きます。
手で綿毛部分を取り除き、さっと湯通ししてシートに広げて時々揉みながら天日干しにします。
干すことでアクが抜け、揉むことで線維が柔らかくなるのでよく揉みよく干し上げます。
c0178183_108697.jpg

[PR]
Commented by tanat6 at 2014-04-21 10:24
山菜は下ごしらえに ちょっと手間がかかりますが、美味しいですよね。
ゆっくり過去のブログも読ませていただきました。
根曲竹細工の頁は、ここからこっちまでぜ~んぶください…と大人買いしたくなりました。

お気に入りにいただいてしまいました。
事後報告ですみません。
Commented by yukkiki88 at 2014-04-21 16:13
春の香り、苦みは手間をかけても味わいたいですね。
根曲竹のかごは本当にどれも美しくて、
形に迷い大きさに迷って、一体どのくらい見入っていたかな?
そのときのかごは今でも皆、少しもささくれたりせず活躍中です!
by yukkiki88 | 2014-04-21 10:14 | 新潟の食材メモ | Comments(2)