新潟生活の日記です。


by 新潟生活

時雨蛤

通り雨のあと、「空を見て!」とメール。
急いで見上げると大きな虹がかかっていました。

今の「通り雨」も秋から冬にかけては「時雨(しぐれ)」と呼ばれるようになりますが、
これから実りの季節の日々のご飯には「時雨煮」がよく合うようになってきます。
時雨煮(志ぐれ煮)はショウガの入った佃煮のことで、
短時間で仕上げる調理法が一時の雨「時雨」のようだから という説もあるそうです。

時雨煮といえば三重県桑名の「時雨蛤」が代表選手。
商品名は「時雨蛤」、リーフレットは「志ぐれ煮」。
c0178183_11581447.jpg

名古屋に暮らしていた頃は父の出張土産の定番でもあった「時雨蛤」。
蛤ではないにしても時雨煮は東海地域ではおにぎりの具としても定番でした。
この「しぐれおにぎり」が地域限定だと知ったのは名古屋を離れてからのこと。
懐かしいおにぎりのひとつです。





かつては虹を見つけると消えないうちにと慌てて誰かに教えに行って、
そっと消えて見えなくなるまで眺めていたような気がします。
そんなことを思い出して眺めていました。
[PR]
Commented by Pico at 2012-09-04 20:08 x
お久しぶりです!
ついこの間、こちら(名古屋)の友人が、おにぎりの定番はしぐれでしょ!?(当たり前でしょ!的な(笑))という話をしていましたよ~(*´-`) あまりにもタイムリーで思わずコメントいれちゃいました!
Commented by yukkiki88 at 2012-09-05 08:04
お友達と熱っぽく語りたい・・・(笑)
くれぐれもよろしくお伝えくださいね。
しかりタイムリーですね!
Commented by はしびろけろ at 2012-09-07 16:34 x
今年は虹を見る機会多いようですねぇ。
私は見てないのですが(^^;他の方のブログできれいな虹を眺めてます。

短時間で仕上げる調理方法が...と言う説は日本らしい名前のつけ方でうっとりしますねぇ。
ふむふむ。
では。
Commented by yukkiki88 at 2012-09-08 07:17
あ、虹の写真がなくてごめんなさい(笑)
ただただぼぉと眺めていました。
こんなように情緒ある名前が今でも結構残っていて、
そんなものに出会うとしっかり残ってほしいなと思うのです。
伝え伝えられが必要なのですね。
by yukkiki88 | 2012-09-04 12:55 | 日々のこと | Comments(4)