新潟生活の日記です。


by 新潟生活

春野菜とう菜

春らしくなり、毎日のようにうちの食卓に登場するとう菜
とう菜は、菜花と同じアブラナ科の野菜で、伸びてとうが立ったものを収穫します。
「とうが立つ」というと、盛りを過ぎてしまったというイメージがありますが、
雪の下で育つとう菜は太い茎まで驚きの柔らかさ!甘みたっぷりです。

クリニックでのランチも「とう菜のパスタ」でした。
c0178183_19403460.jpg

やわらかく食べやすいとう菜は、こどもからお年寄りまでおいしくたべられます。
おひたしはもちろん、こんな風にパスタや炒め物、和え物、天ぷらなどにも。

とう菜は5月頃までの春の野菜。
三条市界隈では女池菜、大崎菜、川流れ菜などの名前で出回っていたりします。
また、とう菜はその茎を折って摘み取り収穫するため、折り菜とも。
春とはいえ寒い新潟では根こそぎしてしまうと次のものが中々育ちませんが、
折って摘み取るとう菜はすぐまた順々にまたとうが伸びて収穫できます。
そんな知恵のこもった春の野菜には春の栄養もたっぷりです。
[PR]
by yukkiki88 | 2012-04-26 08:01 | 新潟の食材メモ | Comments(0)