新潟生活の日記です。


by 新潟生活

冷蔵庫でヤナギカレイの一夜干し作り

寒い時期の新潟の魚のひとつヤナギカレイ
新鮮なものももちろんですが、この一夜干しもおすすめです。
サッと炙るように焼き上げると、パリッと香ばしい縁側、ふっくら白身、上品な風味。
カレイの女王と言われるのも納得です。

このヤナギガレイの一夜干しは自宅でも簡単に作ることができます。
用意するのは生のヤナギカレイと塩、そしてピチット(脱水シート)のみ。
旬の時期にヤナギカレイをみかけたら是非試してみてください。

ピチッとしたヤナギカレイ。
c0178183_09470840.jpg



【ヤナギカレイの一夜干しの作り方】
①ヤナギカレイの水分を軽く拭き、振り塩をしてからピチットに挟む。
②バットなどにのせて冷蔵庫で一晩寝かせる。
 翌朝には水分が抜けてしっとりの一夜干しができあがっています。
③魚焼きグリルで焼く場合は中火で焼き、軽く焼き色がついたら食べ頃。
 ※このままの状態で数日間は保存可能です。


[PR]
Commented by waysea at 2012-01-25 16:11 x
見事なカレイですね。縁側が好物の変人です。
脱水シートですか!さっそく使わせていただきます!
Commented by yukkiki88 at 2012-01-26 06:23
こんなカレイの女王が豊富にお手頃な価格でつるつる並んでいるんですよ。産卵直前らしく特に今は最高のおいしさのようです。
同じく縁側好きです。食べないでいるひとを見ると気になって気になって笑
Commented by はしびろけろ at 2012-01-27 08:45 x
あら!大きな女王様(笑)
こちらではこんなに大きな女王様はいらっしゃいません(笑)

冷蔵庫でお眠りになり目覚めた女王様、
すぐに焼いて頂きたいですね^^。
ふふふ。では。
Commented by yukkiki88 at 2012-01-27 17:42
これは小ぶりな方ですよ。
大きくてもスリムな女王様ですがべっぴんさんです(笑)
by yukkiki88 | 2012-01-23 14:12 | 新潟の郷土食 | Comments(4)