新潟生活の日記です。


by 新潟生活

サクラマス

ようやく桜の開花宣言、いよいよ今週頃から花見というところでしょうか。
桜が咲き始めると、本マスとも呼ばれるサクラマスの季節がやってきます。
中でも河川で水揚げされる川マスとも呼ばれるサクラマスについては、
年々希少価値が高まっているようですが、三条市では三条まつりのごちそうに欠かせないもので、
今でも4月中旬から5月にかけての風物詩のひとつとなっています。

サクラマスは脂がのりながらもすっきりとした味わいで、塩焼きが最高。
また、酢で〆た「サクラマスの酢〆」もこの頃ならではの贅沢な味です。
これはそのまま薄くスライスして新玉ねぎのスライスと一緒にオードブル風に頂いたり、
笹寿司にしたり、サンドウィッチにしたり・・・サーモンカラーはそれだけでごちそうです。
三条まつりの頃には新物の笹をたっぷり使って「笹寿司」「押し寿司」を作りますが、
もっと気楽にしたいときはこんな小さな「手まり寿司」にしたりします。
c0178183_20412384.jpg


春の暖かさを感じるようになると、季節を告げるようにやってくるサクラマス。
一度味わっていただきたい春の味覚です。
[PR]
by yukkiki88 | 2013-04-10 16:55 | 新潟の食材メモ | Comments(0)