新潟生活の日記です。


by 新潟生活

うちわ餅

青森に滞在中、弘前の桜が満開と聞き、ある日の朝早く弘前へ。
なぜ早く出発したかというと、桜の前に行っておきたいお店があったから。

そのお店は弘前の最勝院五重塔の近くに続く老舗の餅屋「戸田うちわ餅店」
朝9時すぎに到着したのですが・・・早くもお店の外まで人の列。
1日200個作られるうちわ餅も9時開店10時完売だそうです。

名物の「うちわ餅」は注文すると胡麻だれに串に刺した餅をくぐらせてくれます。
こんなにこんなにたっぷり!
c0178183_6464172.jpg

この上なく深く黒くビードロのように照り輝く蜜入りの濃厚な胡麻だれは、
国産の良質な胡麻を丁寧に炒って、擦り、継ぎ足して作られているものだそう。

近所から駆け付けたであろう人がたくさん、商品は「うちわ餅」と「豆大福」のみ。
たくさん買うんだろうなとおもっていたら、前のおばあちゃんもその前のおじいちゃんも、
「うちわ餅3つに豆大福ひとつ」とかそんな買い方をしていました。

ひとつだけ頂いた豆大福を少し時間が経ってから包みから出してみると、
手渡されたときの餅肌が、早くも少しかたくなってきていました。
これが本当の餅の姿で、だからこそ食べる分だけ買う。というスタイル。
商品だけでなくお店をも含めた餅とのお付き合いを大切にする弘前の姿が印象的でした。


戸田うちわ餅屋さんのほど近い最勝院五重塔は、弘前城のような賑わいはありませんが、
負けないくらいの情緒としっとりした清々しさがあってとても好きな場所です。
[PR]
by yukkiki88 | 2011-05-20 07:24 | 旅のこと | Comments(0)