新潟生活の日記です。


by 新潟生活

新潟ののっぺにユリ根

新潟の年末年始に欠かせない料理のっぺ
その具材は各地域どころか隣近所、近い親戚であっても違って様々です。
大抵はそれぞれの地元の食材が盛り込まれるわけなのですが、
なぜかうちの界隈では産地でもないユリ根が加わります。
ただユリ根はすぐ煮崩れるので入れる時は煮上がり頃に加えます。

おがくずに埋めるようにして野菜室で1~2か月は保存可能
c0178183_96797.jpg


このユリ根を食用するのは日本と中国くらいだそうで、
日本では北海道が9割以上を生産しているにもかかわらず、
その多くは関西方面で食べられて北海道ではあまり食べる習慣がないとか。



【ユリ根の下ごしらえ】
①水洗いして傷などを削り、外側からりん片を一枚ずつはがし、水を張ったボウルへ。
②芯の部分が見えてきたら根を包丁で切り落とし、さらにはがす。
③土やおがくずがついていたら一枚ずつ洗い、気になる部分があれば削る。
④下ゆでする場合は、沸騰した湯に入れてじっとそのまま、再度沸騰してきたらOK。
 ※ユリ根は火通りがとても早いので茹でる場合はほんの数分
[PR]
Commented by ゆのたえ at 2010-12-29 21:07 x
ユリ根大好き。
茶碗蒸しに入ったユリ根は子供の時から大好き。
三条の朝市で安く売っているのにビックリしました。
だって高級品ですもの。東京では。。。
ユリ根きんとん?コロッケ?
沢山ないとできないでしょう?
そういえば和食のお店でいただいたような。。。
茶きん絞りのようになっていた。でも味は。。
あれ?覚えていない。なんてこった。
Commented by yukkiki88 at 2010-12-30 05:59
ちいさなころから?
わたしは子どもの頃、馴染みのお寿司屋さんの茶碗蒸しの中にたっぷり入っていたゆり根が本当に苦手だったので、小さな子はみんな苦手なものとして、ついつい大人の食材って思い込んでいました。でもよくよく考えてみたらこどもが好みそうなほくほく感。ですね。
こちらでは大粒のゆり根(中たまねぎくらい)で100円くらいでしょうか。これは密かな特権なのですね!
Commented by ゆのたえ at 2010-12-30 11:20 x
私って小さい頃から、お店の人が首をかしげるようなものが好きでして・・・くわいも・・
なまこも・・
魚屋さんでみると買ってとせがんでいました。
こんなグロテスクなのがどうして好きなの?と不思議がられました。
Commented by yukkiki88 at 2010-12-30 20:20
うちの姪っ子もぜんまいとかぼうだらとか好きなんです。
シチューやチョコには目もくれない。
周りのひとたちは不思議がっているけれど、
繊細な味がわかるってことでもあるのかなって。
わたしはかっこいいって思えたりもするんですけど、
どうでしょう。
Commented by はしびろけろ at 2010-12-31 12:54 x
我が家でも「のっぺ」作りました。大量に・・・。
おととい新潟よりおいしいますこが届いてお正月にのせて
ととまめで頂くのが楽しみです。
ゆり根、おいしいですよね。この時期しか売っていないので
買っては大事に食べています。こちらでは中玉ねぎくらいだと
300円以上ですね。やや小さいのでも200円はします。
この前作ったゆり根のポタージュスープはほんのり甘味があって
おいしかったです。

今年もたくさんの楽しい記事を読ませていただきました。
11月の記事もこれから少しずつ読んでまたコメントしようと
思っています。では、良いお年をお過ごし下さいね♪。




Commented by yukkiki88 at 2010-12-31 21:18
そんなにもするんですか!ゆり根さまですね。
今年はうちはいつもはいれないゆり根をのっぺにいれました。
何気なく何気なくゆり根を選んでは取り選んでは・・・
ゆり根って本当に何とも言えないですよね~。
このほくほくした食感が好きなんだけれど、
ポタージュもまたおいしそう!おいしいはず。
クルトンとか散らしたく・・・。
はしびろけろさんもよいお年を!
またたのしんでいただけたらうれしいです♪
by yukkiki88 | 2010-12-29 08:56 | 新潟の食材メモ | Comments(6)