新潟生活の日記です。


by 新潟生活

うち豆の作り方

この内容は下記に詳しく書き直しました。

http://niigatalife.hatenablog.com/entry/2017/03/07/105815



[PR]
Commented by coucou at 2010-12-02 17:22 x
大豆でも唯一思い立ったら使えるのが打ち豆のいいところ。
そのために、わざわざ木槌で打つことをしてもらって、作り手の顔を知っていると尚更感謝ですね。体験はしてみたいけれど、ちゃんと一粒の豆に命中するのかなって、ちっともはかどらなそうな
自分を想像してしまいました(苦笑)
Commented by ゆのたえ at 2010-12-02 17:30 x
煮菜。青い野菜が無くなる冬の常備菜だったのでしょう?高山出身の方も煮菜は作っていらっしゃいました。
打ち豆は福島にもあります。(私の母は会津若松出身)
子供の頃はおいしいと思いませんでした。新潟人と結婚して久しぶりに義母が作ってくれた煮菜に感激して食べた思い出があるんです。
手作りの打ち豆はしっとりしておいしいんです。
なかなか大豆は栄養が・・といわれても食卓に上る回数がおおくなりません。そうだ!味噌汁に入っていましたね。木槌がないからビール瓶でつぶしてみようかしら・・買った方が早い!そうなんですが。。
Commented by yukkiki88 at 2010-12-04 06:21
coucouさん
そうそうそうなんです。
伝統的なインスタント食品?
使うたびに、あぁストックしておいてよかった~
と思える味に仕上がる我が家の救世主です!
まだ小学校に上がったばかりの頃、田舎(新潟)に帰省すると
祖父母がうち豆作りをしているのを見かけては
やらせてほしいとねだったような記憶があります。
もちろんあちこちに豆が散乱するわ、指を打ちそうになるわ(笑)
祖父母たちはよく気長にみていてくれたなぁって。
今となってはこんな体験もいいものだったなぁって。
Commented by yukkiki88 at 2010-12-04 06:28
ゆのたえさん
高山は野沢菜かと思っていましたが、煮菜も作られるんですね!
名古屋に住んでいた頃は、高山は度々温泉やお祭りに。
高山には大好きな温泉宿があったことと、
さるぼぼとホウバ味噌が何より好きだったんです。
煮菜もあったのかもしれませんね。
手打ちの打ち豆はそうなんです、すぐに煮えるし、
ちょっと煮崩れしやすかったりすることもあるけれど、
それも含めて市販のものにはない美味しさがあるんですよね。
ビールビンで、ペンチで・・・私もやってみようかな(笑)
Commented by yukkiki88 at 2010-12-04 06:34
grey101さん
すきなことをきままに書き込んでいるだけなのです。
すきなままでいさせてくださいね。
Commented by ゆきなお at 2014-12-26 20:26 x
近くのスーパーでは探せず、うち豆が食べたくなってレシピを探していたらたどり着きました。うれしかったのでコメントさせてください。
うち豆が全国区でないと知らずびっくりです。新潟ではすぐ手に入ったのに…新潟にいたときは緑のうち豆を食べていました。豆の色の違いなんでしょうかね?
今は名古屋に住んでいるので煮菜やうち豆が恋しい日々です。レシピをお借りして今度作ってみます!
Commented by yukkiki88 at 2014-12-27 20:10
コメントしていただけてうれしいです!
だまってだんまりではゆきなおさんの存在に気付かないですもの。
名古屋には20年くらい暮らしていたんですよ。
ナナちゃんもすがきやも愛していましたよ。
離れると恋しさが募るものなんですよね。
手作りのうち豆は市販品とはまたひと味違って、
きっとおいしいはずです。
試してみてくださいね♪
by yukkiki88 | 2010-12-01 06:52 | 新潟の食材メモ | Comments(7)