新潟生活の日記です。


by 新潟生活

摂田屋

日々愛用している醤油の蔵元は、長岡市の摂田屋(せったや)という地区にあります。
この界隈は江戸時代から醸造業が盛んで、酒・味噌・醤油を醸造する蔵元が6軒残っています。
長岡を代表する酒蔵「吉乃川」、養命酒と人気を二分したと言われる「サフラン酒本舗」
「美味しんぼ」に登場した味噌蔵の「星六」もここにあります。

醤油屋さんの前にある直径2m以上の仕込み樽
c0178183_833879.jpg


摂田屋は、越後と江戸を結んでいた旧三国街道が通る歴史あるまち。
江戸時代ここは天領(幕府直轄領)であったため税の高い酒や味噌などが自由に作れ、
さらに水の質がよかったため醸造業が盛んになったということです。
小一時間もあれば回れるので、散策するのにちょうどいいですね。

[PR]
by yukkiki88 | 2010-11-05 08:05 | 好きな場所 | Comments(0)