新潟生活の日記です。


by 新潟生活

ぎんなんの保存方法

兄一家から祖父江町(稲沢市)のぎんなんが届きました。
今年は小粒でよくないかもとのことでしたが、立派なぎんなんでした。

日本一のぎんなんの産地、祖父江町のぎんなん。
c0178183_9411826.jpg

ぎんなんは、放っておくと中の実がしわしわになってしまうので長期放置は厳禁。
時間をみつけて、ちゃんと処理をして小分けにして冷凍保存しておきます。

ぎんなん割りはレンジでも手軽ですが、熱がかかりすぎるとどろどろに、
反対にいくら熱をかけても噤んだままのものもでてきれいに割りにくいものです。
保存しておくようにはやっぱりちょっともう少しきれいにしてあげたいので、
保存することが目的というときは、こつこつ昔ながらの割り方がおすすめです。
鍋の中でころころとするのだけど、そうしていると次第に透明感が出てきて、
あぁ秋らしいなぁという色になってきてとてもいいものです。
おためしください。




【ぎんなんの加工と保存】
①殻付きぎんなんは、一粒づつぎんなん割りで割って実を取り出す。
②小鍋に入れ、かぶるくらいの水とひとつまみの塩を入れて沸騰させる。
③おたまの背でコロコロしながら薄皮をむき、透きとおってくるまで数分間茹でる。
 (ときに大変しぶとい皮があるので、がんばりすぎずほどほどであきらめてね)
④水を入れたボールに上げ、取り切れなかった薄皮を手で剥く。
⑤小分けにしてラップで包み、フリーザーパックに詰めて冷凍。
  
冷凍ぎんなんは、そのままおつまみに鍋に炒めもの、ホイル蒸し・・・重宝々。
うちではいれないけど、叔母たちは郷土料理のっぺにも欠かせない存在です。


※ぎんなんは咳止めにいいみたいいだけど、食べすぎると中毒を起こしてしまうので、
  小さな子や食べすぎには注意が必要のようです。
[PR]
by yukkiki88 | 2010-10-26 05:06 | 新潟の食材メモ | Comments(0)