新潟生活の日記です。


by 新潟生活

さわし柿の作り方(焼酎)

渋柿の渋を抜くことを「さわす」、渋抜きした柿のことを「さわし柿」といいます。
スーパーで「さわし柿」と売られているものの多くは渋抜き済みの柿ですが、
渋抜き前の「さわし柿用の柿」というものも売られています。

こちらは渋抜き前の柿。
c0178183_5424512.jpg

さわし柿にするには、固形の脱渋抜き剤を用いる方法もありますが、
今回は昔ながらの焼酎を使っての方法でさわし柿を作ります。
用意するのは焼酎(35度以上)と渋抜きをする柿が入るビニール袋。
アルコールは焼酎でなくても度数の高いブランデーなどでも可能ですが、
洋酒の場合は香りが残ったりすることもあります。
c0178183_6255691.jpg


【さわし柿の作り方】
 ①焼酎を小皿などに適量注ぎ、柿のへたの部分に数秒つける。
 ②へたの方を上にしてビニール袋に入れ、空気を抜いて密封して涼しい場所に置く。
   5日〜1週間ほどで渋が抜けます。
   味見してみてまだ渋さを感じたらもう少し置くなど日数は目安にしてください。
 

※焼酎を霧吹きの中に入れてスプレーする方法もあります→こちら
[PR]
Commented by ゆのたえ at 2010-10-15 23:29 x
しぶぬき用なんてあるんですねえ。
さすが。。新潟。こっちでは見たことないですよ。
47%っていうのもあまりみかけないと思います。
夫の父は半紙を切ってそれに焼酎をつけて、柿のへたにつけていました。
私はそんな面倒なこと、やりたくないので、はけで、へたのまわりをぬるだけ。。。
最近は干し柿を作るほうが多いです。
粉が吹く前に食べてしまいます。
Commented by yukkiki88 at 2010-10-16 05:28
これは一番ちいさなビンで、もっと大きなものから揃っています。
やはり新潟ならではなんですよね、これ。
ちょっと柿のイラストがかわいい?
そう、それにたいていは35度くらいのものですよね。

干し柿うらやましい!
一度作ってみたいんですが、
こちらではすぐにかびてしまうんです。
湿度がやはり高いんでしょうね。。。
でもいつか・・・!
Commented by ゆのたえ at 2010-10-16 11:10 x
干し柿失敗?
たまたまでは?
弟のお嫁さんのお母さんなんか沢山作っていつの冷凍していますもの。同じ三条市ですよ。
もう一度なさってもみて。
あ!そうだ!焼酎を周りに塗って干してみたらどうかしら・・・
Commented by yukkiki88 at 2010-10-17 06:15
実は干し柿作りは一度も見たことがなくて。
おばも作らないし、作りたくないっていうんです。
きっと嫌いなんでしょう。
でもわたしは好き。
こちらでもできると聞いては・・・やっぱり作ってみたい!
頑張ってみようかな♪
Commented by ゆのたえ at 2010-10-18 07:39 x
干し柿できる過程もいいものです。
東京でもできるんですから、大丈夫。絶対出来ます。
私なんか洗濯バサミにぶら下げて干しちゃいます。
(ピクルス用にきゅうりだって洗濯バサミ。一夜干し用の魚も・・)
干している間はずっと我が家のわんこが見張っています。
お日様にあたって、毎日少しずつ柔らかくなっていくの。
中までやわらかくなったら、もう食べちゃいます。
粉がふくまでおきません。ぷにゃぷにゃ、柔らかいのが大好き。ケーキにはちょっといれられないけれど・・
粉がふいた干し柿はフルーツケーキにいれます。
面白いからお勧めです。
Commented by yukkiki88 at 2010-10-18 20:52
そうとお聞きしてはもう是非やってみたいです。
というか、さっそくもう一人の叔母に干し柿用の柿をお願いしてきました(笑)
いまからどきどきわくわくです。
干物用のネットは今、なつめが占領しているので、
布団干しのパイプに洗濯バサミでいこうと(笑)
理想としては粉ふきなのだけど、できるかなぁ。
うん、面白そう!
またブログに公開(できるのかな?)したいです。
ありがとうございます!
Commented by はしびろけろ at 2010-11-20 17:43 x
”さわし柿”という品種なのかな~と思っていました。
こちらで、販売しているのか今度スーパーで見てみますね。
母に聞いたら、知っていてやはり祖母が作っていたようです。
新聞紙にくるんでたくさん置いてあったと言ってました。
父は、福島で”見知不柿”と食べたけれどそれも
さわし柿ではと・・・。
シャーベット状の柿・・・。おいしそうです・・・。では!
Commented by yukkiki88 at 2010-11-21 06:48
うちでは、さわし柿というよりも焼酎柿ということが多いかな。
単純に焼酎で渋抜きをした柿という意味なんですが、
わたしは「さわし柿」だけでなく「焼酎柿」まで存在するとおもっていましたからね(笑)間違うの無理ないです。
シャーベットの柿はものすごく冷えますから、
夜は絶対にたべてはいけない魅惑のデザート?です。
by yukkiki88 | 2010-10-15 06:41 | 新潟の食材メモ | Comments(8)