新潟生活の日記です。


by 新潟生活

ヒメンコ

先月青森の直売所で買った「ヒメンコ」という名前の洋梨。
食べごろまでもう少しという色合いです。
c0178183_8425843.jpg

「ヒメンコ」に出会ったのは去年の9月、青森県は弘前でのこと。
早生リンゴのつがるの脇に並べられた爽やかな緑色の果実、
青リンゴかと近づいてみるとリンゴというよりむしろ洋梨のような形。
その上には「ヒメンコ」とあり、黄色くなったら食べ頃と書かれていました。
ひとつ買って食べてみたら、シャキっとした歯ごたえがそうリンゴのよう、
それでも酸味が無くて味としては梨ぽいなという印象でした。
「ヒメンコ」は、「日面紅」とか「姫の子」とかの漢字名をも持ちながら、
もともとはベルギー生まれの洋梨だそうです。
[PR]
Commented by はしびろけろ at 2010-11-10 15:46 x
30年以上も前にお父様が山形からラ・フランスの苗木を
お買い求めになるなんて!その頃は洋梨は、あまりスーパーでも
売っていませんでしたよね・・。長十郎に接ぎ木ってできるのは
知りませんでした。梨+洋梨だからでしょうか・・・。
素人ですみません・・・。

ベルギー生まれのヒメンコさん いかがでしたか?では。
Commented by yukkiki88 at 2010-11-15 15:24
出張先から苗木をかってくる。
しかも自宅にではなく叔父にのところに。
普通ではあまりない行動ですよね。
それをさらに和梨に接ぎ木するなんて。
よくぞラフランス、頑張ってもちこたえてくれたなって。
きっと生物学的にも普通のことではないと思います。
ヒメンコは洋梨というより和梨に近いような・・・
わたしは好きなくだものでしたよ。
by yukkiki88 | 2010-10-13 08:32 | 旅のこと | Comments(2)