新潟生活の日記です。


by 新潟生活

新発田市のおしぶ

カマンベール??
その正体は、新発田市にある宮村製麩所のおしぶという焼き麩。
おしぶは焼き麩の生地を型にいれて圧縮して焼き上げるそうで、
水に戻さずケーキのようにカットしてすぐ使えるのが特徴です。
c0178183_6465510.jpg


宮村製麩所には焼き麩だけでなく揚げ麩や生麩も。
c0178183_845737.jpg

[PR]
Commented by ゆのたえ at 2010-07-04 10:35 x
夫の同級生に吉田麩の息子さんがいたそうです。今は社長さんかも・・・そして今、おばの家のお隣さんが吉田さん。
結婚するまで、車麩知りませんでした。
私が今使っているのは沖縄の麩です。チャンプルーでつかってからのファンです。
わが家のミニチュアダックスはお麩大好きです。
新発田麩は今はやりの”生”ですか?
昔からあったのかしら。。
Commented by yukkiki88 at 2010-07-05 05:22
ゆのたえさん
吉田麩屋さん?もしかして三条の「マルヨネ」さんでしょうか??
私が一番慣れ親しんだ、そしていまもやっぱり欠かせないのが
こちらの4回巻きの車麩です。
わたしは内緒なんですが(堂々と言ってしまっているけど(笑))、
いつか三条界隈のの食文化というか料理の本をって思っていて、
それにあたってなんといっても一番というくらい欠かせないのが
こちらの車麩なのです!
何かの機会がありましたら、いつもお世話になっています。
大好きですとお伝えください!いつかご縁ができたらいいな♪
しかし、うれしい出会いです。ふふふ♪
沖縄の麩も便利ですよね!以前、タニアさんのお宅で私の沖縄出身の友人に沖縄料理教室をやってもらったことがあるんですが、その時のメニューにもフーチャンプルがありました。彼女のおかげで?私も沖縄の車麩を見かけると素通りできなくなりました。
お麩好きのミニチュアダックスですか??乾物のままですか??ちなみに新発田麩は乾物(焼き麩)ですよ。
Commented by ゆのたえ at 2010-07-05 07:51 x
あらっッ
ごめんなさい。、マルヨネさんです。
甘辛く煮たりします?
4回巻き?ふつうに売っているのは何回まき?
気がつきませんでした。
東京では売っていないので、そちらに行った時マルヨネさんの麩を買ってきます。
昔はひもに通してぶらさげてあったように記憶しているんですけど・・
わんこはトッピングにする時はちぎって柔らかくします(水でもどすだけ)がおやつで食べる時は乾物のままっです。
食文化の本!
本にできるくらいたくさんある・・・
ってことですね。楽しみ。
義弟のお嫁さんのお母様は、山に山菜を取りに行ったり、海にえごを取りに行ったり、すごい方です。
”みず”っていう山菜も美味しかった。
わが義父の思い出はなんといっても棒ダラ、夏でも囲炉裏で煮て家族からのブーイングもなんのその。でした。
後はモチを細かく切ったりうすくきったり、のあられ!
Commented by yukkiki88 at 2010-07-05 09:38
ゆのたえさん、やっぱり「マルヨネ」でしたね!
車麩の巻きは多くて3回まで(なはず)で、4回は新潟だけとか。
なので、三条のものを食べなれていると、他の土地のものだとちょっと弾力や歯ごたえが物足りないなって思われると思いますよ。
マルヨネさんにある麩のレシピが載った冊子は吉田さんの奥様が手がけられているのかな?
三条にこの車麩をおいしく食べさせてくれるお店があったらいいのになって、いつも思っているんです。
三条でも本成寺周辺はかつてはそれはそれは賑やかな「寺町」だったそうで、だから故に精進的なお料理文化が生まれ育ったとか。
ゆのたえさんのおっしゃるとおり、三条市あたりは、おいしいお米をはじめ穀物だけでなく、えごといった海草からみずのような山菜、海のもの山のものに食材が本当に豊富。
それに精進的なヘルシーな豊かな伝統的な食文化があるときては、流行のマクロビにも全然負けてない??って思うのはわたしだけでしょうか?!
しかし、ゆのたえさんの新潟の身内の方も素敵な方々ばかり!
Commented by はしびろけろ at 2010-07-28 16:03 x
麩というと車麩というイメージしかないのでこの形にはびっくり
しました。カマンベールチーズが焼けてる?などと、うっかり
思ってしまいました。
車麩もそういえばあまり食べていないかも・・。
暑い毎日なのでサラダの中に入れてもおいしそうですね。
”車麩を使った和風サラダ”・・・。シンプルで・・・。
それにしても”揚げ麩 440円”フランスパンかと思いました。
大きい・・・ですよね・・・。では。

Commented by yukkiki88 at 2010-07-29 05:09
実際に実物を目の前にして“カマンベール”って思ったほどですから、それはそれはかわいかったですよ。それにもまして魅力的って思ったのはそのカッティングボードと包丁!麩と同じくらい見いってしまいました。麩は夏(お盆)にも欠かせない食材。薄く煮付けたものをキュっと冷やしていただくのものど越しよくって!あ、揚げ麩はわたしもフランスパンって思いました。
by yukkiki88 | 2010-07-03 06:50 | 新潟の食材メモ | Comments(6)