新潟生活の日記です。


by 新潟生活

清水園

新潟生活を始めて初めて新発田市に行ってきました。
新発田市はあやめが有名だそうで、梅雨の頃は「あやめ祭り」がひらかれて、
300品種60万本のあやめ(花菖蒲)が色とりどりの花を咲かせるのだそう。
と、そんなあやめが気になりながらも向かった先は日本庭園「清水園(しみずえん)」

清水園は、敷地の真ん中の大きな池をぐるりと歩ける回遊式の庭園となっていて、
配された5つもの茶室を眺めながら散策するのはとても優雅なものでした。
後から知ったのですが、中央の池は草書体の「水」の文字を形どっているのだそう。
そう聞くと改めて確認しがてら歩いてみたくなりますよね。
c0178183_20363399.jpg

広々した開口部と自然素材の細やかな細工の日本建築。
梅雨の蒸し暑さも忘れてしまうほどの涼やかさでした。
c0178183_2035211.jpg

[PR]
Commented by はしびろけろ at 2010-07-15 14:35 x
今日みたいにムシムシする日には、ここでのんびりしたいです。
15,200平方メートルの広さで、茶室が5つもあり、新発田藩の
歴史を思いつつ園内を歩いてみればとても優雅な気分に・・・。
薩摩杉や青森ツガ(オオシラビソという樹木らしいです。)など
珍しい木を見てみたいですね。それとコケ??”全国に誇れる
美しいものもある”という教授のお言葉でなんだかとっても
興味がわきました。ウマスギゴケの群落のクローズアップの
写真がかわいいです・・・。yukkiki88さんは、コケを
ご覧になりましたか?では!
Commented by yukkiki88 at 2010-07-15 16:11
庭園内の樹木たちは、そっと流れるBGMのように、また絵画の背景のように茶室と池に馴染んでいたんですよ。どれがどんな名前の木なのか確かめたりはしなかったですが、まず足を踏み入れて目に飛び込んできたのは、凛ときりりと真っ直ぐに並んだ杉の大木。「かっこいい」と、実は何枚も撮影していました。こけ、好きです。とても。東京にいるときはこけ玉をいそいそと愛でていたし・・・。でもそんな稀少なこけがあったなんて!やはりまた行ってきますね!
by yukkiki88 | 2010-06-29 20:45 | 好きな場所 | Comments(2)