新潟生活の日記です。


by 新潟生活

笹の保存方法

田植えが終わる頃、同時に笹の葉も鮮やかになってきます。
その新物の笹を使って作るものといえば笹団子や三角ちまき、そして笹寿司。
他にも笹は焼物の下に敷いたり、弁当の仕切りなど一年を通じて重宝します。
ほんの少し自然のものを添えると驚くくらい料理がいきいきしてみえるので、
緑鮮やかなうちに採りまとめて冷凍保存しています。

c0178183_5125850.jpg



【笹の保存方法】
 ①摘み取ってきた笹は水で洗い、たっぷりの熱湯にくぐらせる。
 ②色が鮮やかな緑色に変わったらすぐに冷水にとる。
  ※すぐに使うときはこれでOK
 ③一枚ずつタオルで拭き、何十枚かづつ重ねて筒状に丸めラップで包んで冷凍保存しておく。
  ※使うときは使う枚数だけ外側から剥がし取り、熱湯につけて戻すと色良く戻る。
[PR]
Commented by はしびろけろ at 2010-07-09 15:17 x
お母様、庭とキッチンと往復で大忙しでしたね。
「らっきょうの下漬」・・・。らっきょうのお漬物って下準備がとても
たいへんなんですよね。確か・・・。どれくらい漬けたのかやや
気になります・・・。
自家製の笹の葉なんてうらやましいです。
とてもきれいな緑色ですね!

鯵の開きも干して手作り・・・。お母様素晴らしいです・・・。
では!
Commented by yukkiki88 at 2010-07-12 10:07
今は梅干がひと段落し紫蘇と延々と向き合っています。今朝は「棒だら」を煮ながら「赤飯(ささげ)」の準備をしていました。特にめでたいことがあったというわけではないんですけど。先日は友人に新潟のターシャみたいと言われていました。らっきょうは5キロだったかな?他のものは、そうでもなかったりするんですが、らっきょうについては、かなり力を入れているようで、おおざっぱなわたしが手伝おうと言ってもあまり喜ばしい顔はしないです。でも、そんな彼女(母)、わたしよりずっとおおざっぱだと・・・。まぁ、ゆかいなひとです。
by yukkiki88 | 2010-06-12 05:17 | 新潟の食材メモ | Comments(2)