新潟生活の日記です。


by 新潟生活

ばんでい餅

「からむし織の里」の敷地内にある「苧麻庵(ちょまあん)」。
「苧麻」とは「からむし」の別名だそうです。
「苧麻庵」は郷土食伝承館とあり、奥会津の郷土食がいただけます。
郷土料理ももちろんですが一番人気あるのは手打ちそば。
矢ノ原高原で収穫した玄そばを引いた、そば粉100%の手打ちそば。
なんでも手打ちそば名人から指導を受けた地元のお母さんたちが打っているとか。

メニューの「ばんでい餅」は、もともとは木こりのお弁当だったそうで、
蒸かしたうるち米を、もう一度洗って蒸かしてぬめりを取って作られる手間のかかった餅。
それにエゴマ(じゅうねん)の甘いたれをかけていただくというものです。

餅肌もびっくりの餅肌の艶々の「ばんでい餅」。
滑らかでとろけるような食感に目がまん丸になります。
c0178183_6503983.jpg

蕎麦ももちろん艶々。
c0178183_725650.jpg

天井が高く、こだわりの作りの店内。
c0178183_743689.jpg

小さなところの手間をもおしまない昭和村でした。
[PR]
Commented by はしびろけろ at 2010-05-24 17:42 x
”苧麻膳”もおいしそうですね。ザク汁とアカハラかハラの唐揚が
どのようなものかちょっぴり気になります。私もお蕎麦が好きなの
できっとせいろそばにしてしまうかも・・。そば粉100%だと
打つのがたいへんらしいですね。お母さん達の努力がきっと
おいしさに加わっているかもしれません。”ばんでい餅”も
ピカピカ光っていて・・。お餅もそうですがタレがまた・・。
う~む。このまま舐めてしまいたいです・・・。
昭和村まで家からだとグーグルマップで5時間6分らしいです。
いつか頑張って高速道路にのって行ってみたいなぁ・・。
いつか・・。では!
Commented by yukkiki88 at 2010-05-25 05:25
はしびろけろさん
ぜひ機会をつくっていってみてください!
初夏から蕎麦の時期頃なんてとてもいい季節なんじゃないかな。
そんな時期に行くとやっぱり、蕎麦をチョイスしてしまうかもしれないけれど(笑)
でも、がんばって他のちょっと気になる料理も少しお腹に入れてみては?ばんでい餅、お店の方に蕎麦のあとにおもちしましょうか?ってきいていただいたのに、一緒でいいですっていってしまったのですわたし。ほぼ蕎麦と同じタイミングできてしまったので、ほかほかの餅も気になるし、ゆでたても食べたいし・・・ややおろおろしてしまいました(笑)それだけはお気をつけください。
by yukkiki88 | 2010-05-07 07:07 | 旅のこと | Comments(2)