新潟生活の日記です。


by 新潟生活

2升の米

祖母にぬか釜の現役時代の話を聞いたら目をキラキラさせ話してくれました。
その頃は10人家族で毎朝ぬか釜で2升ものお米を炊いていたそうで、
炊きあげたごはんは朝に食べ、お弁当に詰めたら空っぽだったようです。
そのごはんがそれはそれはおいしかったと何度も何度も言っていました。
身近にあるものをそのままにおいしくいただいていていた毎日。
そうありたい新潟生活です。
c0178183_13324241.jpg

[PR]
Commented by ベジ1号 at 2009-11-08 21:01 x
幕内さんの「こどもべんとう」シリーズ持ってます。
粗食というか、プチベジ生活に自信をいただいた一冊でもあります。 
Commented by yukkiki88 at 2009-11-09 06:30
幕内秀夫さんは現代の食のことを本当にわかりやすく語ってくれますよね。我が家にも彼の書籍が幾冊もあります。毎日毎日、食の話題で何を信じたらいいのかわけがわからなくなったとき、読み返すことも。とってもラクな気持ちになりますよね!
Commented by waysea at 2009-11-11 13:24 x
一升は、だいたい1.8kgですからその2倍で3.6kg!
う~~ん、ものすごい量ですね。二升分のお米を研いでぬか釜に入れて、火にかけるだけでも腕が折れそう。

10人家族二食分が3.6kgだと、
1日3食、1ヵ月30日で計算すると、
1.8kg×3×30=5.4kg×30=162kg(162÷1,8=9升)
10人家族で1ヵ月162kg・九升ものお米を炊いておられたのですね!!!

孫娘に目をキラキラさせて語るお祖母さまは、「新潟生活の語り部」、どんどん聞き書きをメモしてくださいね。お二人の様子が目に浮かぶよう!
Commented by yukkiki88 at 2009-11-11 15:21
おお、こういう算出をしたらさらに具体的!
10人で1ヵ月90升かな?
コメ以外は何にもなくてって言っていたけど、これかなり贅沢ですよね~。
祖母は、その晩の夢枕にでてきそうなくらい、何度も何度も(しつこいくらい)
その当時のコメのおいしさを延々。
あと、おにぎりのことから近所さんとの連帯感のはなしまで。
それはそれはおもしろかった!
きっと、いえ間違いなく祖母だけでなくわたしもキラキラだったはず(笑)
こういう話って、聞きたくても知りたくても調べられるものじゃないですよね。
ちょくちょく泊まりにきてもらおうかなぁって企んでるんですよ~。
Commented by waysea at 2009-11-11 23:28 x
きゅぅ~~~ん。。。90升でした!<m(__)m>

以前、「おにぎり」の記事をUPしておられましたね♪
お米がおいしいと、
もうそれだけでホクホクいくつでも食べられちゃう「おにぎり」♪
「おむすび」っていう言葉も大好き!

「夢枕」にではなく、お泊りしていただいて、
「思い出枕」いろいろお話うかがって、またUPしてくださいよ(笑)
お母様もいっしょに「女三代の新潟生活」を、
yukiさんの「再現料理」で、
いつか一冊の本にまとめていただきたいな!
Commented by yukkiki88 at 2009-11-12 05:28
ふふ~ん90升でした~(笑)
おにぎり(とくに塩むすび)は本当に大好きなので、
ここでも何度か書いているはず。確か記念すべき初回も?
そう、「おむすび」って響き、いいですよね~。
祖母も「でっこい(大きな)おむすびをこしょうて(こしらえて)・・・」
って話してたんですよ。
最近は少しずつ記憶も老化が激しくなっていてね悲しく思っていたんだけれど、むかしむかしの記憶はかなり鮮やかみたい!今回はなしをしていて母も聞いたことない内容、って驚いていました。
なんだかよくわからないけど、わたしにだけこうやって穏やかにたのしそうにきらきらと(笑)
再現料理?あぁ素敵!自費出版しようかしら??
by yukkiki88 | 2009-11-08 07:14 | 日々のこと | Comments(6)