新潟生活の日記です。


by 新潟生活

粟飴

上越市の名物のひとつ粟飴
昭和天皇もご闘病中に召し上がられたと聞く粟飴の原料はモチ米と麦芽のみ。
現在はモチ米から作られていますが、もともとは粟からつくられていたのだそうです。
大杉屋惣兵衛では粟から水飴を作り始めて400年という上越の中でも由緒あるお店。
看板商品の「翁飴」は粟飴を寒天で固めた少し歯ごたえのあるゼリー状のお菓子です。
他にも店内には粟飴を香ばしい皮に閉じ込めた一口サイズのかわいい「翁最中」など
シンプルな美しさのお菓子たちが並び、またその上品な自然の甘さに驚かされます。

c0178183_5575666.jpg

[PR]
by yukkiki88 | 2009-04-24 07:03 | 新潟のお菓子 | Comments(0)