新潟生活の日記です。


by 新潟生活

ぽっぽ焼き

綿あめ、北海道じゃがバター、大阪たこ焼き、広島焼き・・・
その中に行列の途切れることのないテントを発見。
そう新潟の露店でお馴染のぽっぽ焼きです。
もとは下越中心のものだっだそうですが、今では県内全域で見かけます。
そしていつでもどこでも不思議なくらい長蛇の列になっています。

この頼りないくらいのやわらかそうな生地がかわいいでしょう。
c0178183_6534011.jpg

基本の材料は黒砂糖と小麦粉と水、それに重曹(BP)であんこも無し。
専用の ぽっぽやき機 に材料を流し込んで・・・
c0178183_20582723.jpg

前の筒から蒸気を出しながら蒸し焼きにするから、ふっくら。
c0178183_2058405.jpg

ばら売りは無くて、
 9本  300円
15本  500円
30本 1000円
こんな風にどこの店舗もほぼ同じような値段設定です。

焼けるあとから売れていく県民に愛されるぽっぽ焼きでした。
c0178183_21191862.jpg

[PR]
Commented by grey101 at 2009-04-15 16:03
はじめまして。
新潟市より北では”蒸気パン”と呼ばれ、ぽっぽ焼きと聞いた時に何のことだか分からなかった覚えがあります。
雑誌で取り上げられてから、ぽっぽ焼きの方が主流になってしまいましたが・・・
時々、こちらを拝見させていただいていたのですが、リンクを張っても良いですか?
Commented by yukkiki88 at 2009-04-15 21:12
蒸気パン?!さらに北上すると名前まで変わるんですね!やっぱりキーワードはあの“蒸気”なんですね。新潟は南北に長いのでいろいろな文化があって、興味が尽きることがありません。どうぞまたいろいろおしえてくださいね。リンク、よろしければどうぞ。新潟つながりなのでしょうか??これからもよかったら覗いてくださいね。
Commented by morningglory at 2009-04-15 22:59 x
新潟のぽっぽ焼きは円筒型ですか?これに近い沖縄のポーポーは材料は同じですがフライパンで平たく焼いて端からくるくる巻いたものです。ぽっぽ焼きのように屋台で売られていることはなくて家庭で作る普段のおやつといった感じです。最近食べてないです。ひさしぶりに食べたくなりました。

Commented by yukkiki88 at 2009-04-16 05:57
ぽっぽ焼きは長さ20cmほどの細長い円筒形で家庭で作ることはまずありません。沖縄のポーポーも薄く焼くものの最終的には円筒形に?中には何か入るのでしょうか???まさに沖縄クレープですね。また今度作り方教えてください!それにしても生地も似たようなものなんてやっぱり何らかのつながりをかんじてしまいます。
Commented by coucou at 2009-04-17 22:06 x
ポッポ焼きと掲げられた屋台、その姿を見ていると、私も
どこかで見ているような気がします。
でも、ポッポ焼きが黒砂糖の入った、それも柔らかいお菓子
とは想像外でした。
少しもちっとした食感ですか?
それともふわっと蒸された感じ?

そして、ちょっと考えてしまう(?)価格。不思議ですね~
Commented by yukkiki88 at 2009-04-18 05:24
あまりに激写?しているものだからお店のおじさんに「ちゃんと撮れたのかい?」と聞かれるほどでした(笑)それにしても作業風景をうま写真で簡潔にとらえるのって難しい!coucouさん今度アドバイスしてくださいね!
ぽっぽ焼きは“ふわっ”というより“もちっ”です。写真のように紙袋に入れてからさらに薄紙でくるんでくれるスタイルが多いのですが、時間が経つと程良くしんなりして?それでもかたくはならず、それはまたそれでまたいいんですよ。これは、やっぱり蒸気のなせるワザなのかもしれませんね。このぽっぽ焼きは、お祭りなどでしか販売されないので、もしも運良く出会えたら一度買ってみてほしいです♪
Commented by はしびろけろ at 2010-03-12 16:35 x
母のいた時は、なかったようですね~。聞いた事はあるけれど
食べた事ないって言ってました。
黒砂糖の色がほどよく出てて紙に載せてもしんなりして
のぼ~んとしている姿がかわいらしいです。それに子供から
お年寄りまで誰でもいただけますね!
でも一人で9本も食べられるかな~。う~む。では!
Commented by yukkiki88 at 2010-03-13 05:56
うちの母も知らないっていうのですよ。
でも叔母たちは知っている。
なので我が家が各地を転々している頃に急速にこの界隈にも
進出浸透したのではないかな?っておもっているんです。
というわけで、少なくともうちにとってはすごく歴史のあるものというわけではないのですが、
この頼りなさげな器量に親しみを感じてしまうのですよね。
それにしてもこのもっちり感は他にはない独特な食感です。
一人で9本?個人差はあるかと思いますが、難儀なことではないですよ笑
by yukkiki88 | 2009-04-14 07:07 | 新潟のお菓子 | Comments(8)